メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
埼玉県立図書館 あなたの調べるを応援します

ホーム図書館について図書館運営> 運営の基本方針と重点目標・重点取組

運営の基本方針と重点目標・重点取組

埼玉県立図書館では地域住民に開かれた運営を基盤とし、効率的で質の高い利用者サービスを推進していくため、「埼玉県立図書館運営の基本方針」を定めています。
この基本方針に基づき、5項目の重点目標を定め、対応する重点取組と具体的な取組内容をまとめた行動計画により運営を行っています。なお、重点取組の達成状況を評価するため評価指標を設定しています。

運営の基本方針 (平成26年4月改訂)

埼玉県立図書館は、各館相互に連携した一体的な運営により、県民の多様な学習要求にこたえ、 県民の課題への取組を支援する。このため県民の知識、情報の拠点として、図書館資料の蓄積、 調査相談機能の充実に努めるとともに、県内図書館ネットワークの中核として、市町村立図書館の支援、連携を通じた全県サービスに努める。
そこで、埼玉県立図書館は、図書館協議会の建議「埼玉県立図書館の振興方策について」及び 「埼玉県生涯学習推進指針」を踏まえ、以下の事項を推進する。

  1. 専門的な資料・情報や地域資料等を収集、蓄積し、県民の調査研究に対する支援機能を充実する。
  2. 情報通信技術の進展に対応した図書館サービスの提供を図るため、電子図書館化を推進する。
  3. 県内市町村立図書館等との連携を進め、図書館ネットワークの中核施設としての機能を充実する。
  4. 県民の自主的、自発的な活動を支援し、学習機会の提供、学習成果の活用に努める。

重点目標及び重点取組(平成28年から30年度)

重点目標 重点取組 評価指標 平成28年度
(中間目標値)
平成29年度
(中間目標値)
平成30年度
(最終目標値)
1 課題解決支援サービスの推進 資料の分担分野に対応した課題解決支援サービスの充実 レファレンス処理件数(個人) 46,250件 48,000件 50,000件
2 ICTを活用した図書館サービスの推進 電子的な情報サービスの整備と利用の促進 図書館ウェブサイトの全ページ(検索系は除く)へのアクセス件数 1,160,000件 注:1,310,000件 注:1,330,000件
3 県内公立図書館等との連携の強化 協力貸出・協力レファレンスの利用促進と研修事業の推進 協力レファレンス処理件数 900件 950件 1,000件
4 県民との協働による学習機会提供と学習成果活用の推進 ボランティア等の活動機会の拡充、活動支援による多様な読書活動の推進 「子供読書に関わるボランティア」・「視覚障害者等サービスに関わる図書館協力者」対象研修受講者数 760人 820人 820人
5 図書館の企画力・情報発信力の強化 外部機関との連携事業の推進と広報の充実 外部メディア掲載件数(新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・Web等) 60件 注:140件 注:140件

注:平成28年度の実績値が当初設定した平成30年度最終目標値を上回ったため修正した。(詳細は下記平成28年から30年度 重点取組達成状況(平成28年度中間評価)を参照)

平成28年から30年度 重点取組達成状況(平成28年度中間評価)

行動計画(平成28年から30年度)

関連情報