メニューにジャンプこのページの本文へジャンプ
埼玉県立図書館 あなたの調べるを応援します

ホーム利用案内> 国立国会図書館デジタル化資料提供サービスの御案内

国立国会図書館デジタル化資料提供サービスの御案内

埼玉県立図書館で国立国会図書館のデジタル化資料を御利用いただけます。

国立国会図書館デジタル化資料提供サービスとは

国立国会図書館デジタル化資料提供サービス

国立国会図書館が収集・保存するデジタル化資料のうち、絶版等の資料を県立図書館の端末から御覧いただけるサービスです。これまで国立国会図書館内でしか利用できなかったデジタル化資料が平成26年7月から県立図書館でも利用可能になりました。また、デジタル化資料の閲覧だけでなく複写サービスも御利用いただけます。

  • 1回30分
  • 料金:無料(複写サービスは有料)
  • 利用可能時間:開館時間内
  • 場所:熊谷図書館、久喜図書館のデータベース利用コーナー

※県立図書館の図書館カードが必要です。
図書館カードは埼玉県内に在住・在勤・在学の方が作成できます。
お持ちでない場合は来館時に利用登録を行っていただくことですぐに発行できます。
その際は住所が確認できるものをお持ち下さい(運転免許証、保険証など)。

対象資料

国立国会図書館で収集・保存しているもので、著作権法第31条で認められている以下の絶版等資料が対象です。 絶版等資料とは、「市場に流通在庫がなく、かつ商業的に電子配信されていない等、一般的に図書館等において購入が困難な資料」とされています。

サービス対象資料一覧
資料種別 点数 年代・内容
図書 約55万点 昭和43年までに受け入れた図書、震災・災害関係資料の一部
古典籍 約2万点 明治期以降の貴重書等や清代後期以降の漢籍等
雑誌 約82万点(約1万タイトル) 明治期以降に発行された雑誌(刊行後5年以上経過したもので、商業出版されていないもの)
博士論文 約13万点 昭和63~平成12年度に送付を受けた論文(商業出版されていないもの)
合計 約152万点

【参考】国立国会図書館デジタルコレクション(外部サイトにリンク)
検索対象を「図書館・個人送信資料」にして検索することで該当資料を確認することができます。

利用方法

御利用には県立図書館の図書館カードの提示が必要です。御利用になる当日、御来館の上、下記のカウンターでお申込み下さい。

  • 熊谷図書館 2階・3階の各一般資料室カウンター
  • 久喜図書館 2階案内・相談カウンター

次に予約がなければ、30分延長できます。
別の方が御利用中の場合、予約を受け付けます。
時間を指定して予約することはできません。

注意事項

  1. 閲覧用端末及びソフトウェアの毀損又は設定の変更をしてはいけません。
  2. 閲覧用端末に持込機器(ノートパソコン、携帯電話、USBフラッシュメモリ等の外部記憶装置等)を接続してはいけません。
  3. 閲覧用端末画面をカメラ等で撮影してはいけません。
  4. 画面のキャプチャー又は資料の電子ファイルを取得してはいけません。
  5. 本サービスの利用により発生したすべての損害・トラブル等に関して、図書館は一切責任を負いません。
  6. 図書館は、必要に応じてお客様の利用方法を観察することがあります。また、図書館は、不適切な利用をしたお客様に対し、本サービスの利用を中止させることができます。

プリントアウト(複写)について

デジタル化資料は著作権法の定めの範囲(※)内で有料でプリントアウト(複写)することができます。
※申込者が自ら利用するために必要とする範囲

なお、埼玉県立図書館では 令和4年10月1日の御利用から、1回のお申込みにつき、
10点以内かつ合計枚数100枚以内 とさせていただきます。

御希望の方は、カウンターで「資料複写申込書」を御記入下さい。申込内容に基づき、職員がプリントアウト(複写)を行います。(申込受付は閉館30分前まで)

複写料金(1枚当たり)
A4サイズ A3サイズ
モノクロ 10円 20円
カラー 40円 80円

関連サイト