資料詳細

資料詳細

タイトル田山花袋 明治30年国木田独歩、太田玉茗らと『抒情詩』を刊行。明治32年太田玉茗の妹里サと結婚。明治39年「文章世界」の主筆となる。明治42年刊行の『田舎教師』は、太田玉茗が住職をつとめていた羽生の建福寺に下宿していた青年教師がモデルとなっている。
巻次小説
著者名田山花袋
種類ゆかりの文学者
生年明治4年12月13日
没年1930/05/13
紹介文明治30年国木田独歩、太田玉茗らと『抒情詩』を刊行。明治32年太田玉茗の妹里サと結婚。明治39年「文章世界」の主筆となる。明治42年刊行の『田舎教師』は、太田玉茗が住職をつとめていた羽生の建福寺に下宿していた青年教師がモデルとなっている。
一般件名ゆかりの文学者
書誌番号138520
画像URL https://ilisod004.apsel.jp/saitama-bungakukan/api/link/138520/74