本文ここから

デジタルライブラリー

忍名所図会 増補

忍名所図会 増補(画像)
忍名所図会 増補 その1(12,152キロバイトのPDFファイル)
忍名所図会 増補 その2(11,149キロバイトのPDFファイル)

※お使いの回線速度によっては画像表示に時間がかかる場合があります。

解説:『忍名所図会 増補』は、幕末期の約6万石忍藩領58村の名所旧蹟の風景や事項が描かれています。
忍藩士である佐竹香斎は、文政8年(1825)『忍名所図会』を一冊にまとめました。これが忍藩主松平忠堯の目にとまり、藩士岩崎長容に増補の命がくだされ、天保6年(1835)、同11年(1840)と2度改訂されました。
序を芳川波山、跋は黒沢翁満と当時忍藩内一番の学者をつけましたが、刊行されることはなく写本で流布しました。旧県立浦和図書館所蔵は天保11年版の写本です。
『埼玉叢書 第2巻』所収。

掲載画像の無断転載はお断りします。 ご利用を希望される場合は、埼玉県立熊谷図書館 地域・行政資料担当へお問い合わせ下さい。
埼玉県立熊谷図書館 TEL 048−523−6291(代表)

[ このページに関するお問い合わせ先 ]
埼玉県立熊谷図書館 地域・行政資料担当
Tel: 048-523-6291 Fax: 048-523-6468 E-mail: kuma-kyodo@lib.pref.saitama.jp