本文ここから

デジタルライブラリー

観音霊験記

観音霊験記(画像)
観音霊験記その1(9,112キロバイトのPDFファイル)
観音霊験記その2(8,552キロバイトのPDFファイル)

※お使いの回線速度によっては画像表示に時間がかかる場合があります。

解説:西国三十三所、坂東三十三所、秩父三十四所の百観音霊場を扱った、『観音霊験記』という揃物の中の秩父三十四所の錦絵です。
錦絵の画面上部には霊場境内の風景画が描かれ、下部には霊場の縁起にまつわる逸話と挿絵が描かれています。
風景画は二代歌川広重、逸話部分の挿絵は歌川国貞(三代豊国)の浮世絵師が担当しています。
画面に記された文は、文人の万亭応賀(本名は服部孝三郎)によって編まれたもので、霊場にまつわる逸話、ご詠歌、応賀自作の和歌などが書かれています。
現在、ほとんどの霊場の本堂や観音堂でこの錦絵をもとにして作られた大絵馬を見ることができます。

掲載画像の無断転載はお断りします。 ご利用を希望される場合は、埼玉県立熊谷図書館 地域・行政資料担当へお問い合わせ下さい。
埼玉県立熊谷図書館 TEL 048−523−6291(代表)

[ このページに関するお問い合わせ先 ]
埼玉県立熊谷図書館 地域・行政資料担当
Tel: 048-523-6291 Fax: 048-523-6468 E-mail: kuma-kyodo@lib.pref.saitama.jp