本文ここから

デジタルライブラリー

春帖

春帖(画像)
春帖(2,059キロバイトのPDFファイル)

※お使いの回線速度によっては画像表示に時間がかかる場合があります。

解説:この『春帖』は、江戸時代末期の俳諧集ですが詳細は不明です。
表紙には「獅子門」「西武連」と書かれており、埼玉の美濃派である五道庵竹二坊に関係しているものと推測されます。
美濃派とは、松尾芭蕉の弟子である各務支考の生地であり活動の拠点であった美濃に因んで呼ばれた一派です。
支考は、芭蕉没後「蕉風」と呼ばれる芭蕉の俳諧の持つ魅力やおもしろさを、理論的にわかりやすく説明し、だれでも作れる平明な俳諧をめざし全国に広めていきました。
その教えは弟子から弟子へと受け継がれ、美濃の支考の居、獅子庵を中心に各地に俳壇が育ち全国にその隆盛を誇っていくことになります。
そこで、「美濃派」は「獅子門」とも呼ばれました。

掲載画像の無断転載はお断りします。 ご利用を希望される場合は、埼玉県立熊谷図書館 地域・行政資料担当へお問い合わせ下さい。
埼玉県立熊谷図書館 TEL 048−523−6291(代表)

[ このページに関するお問い合わせ先 ]
埼玉県立熊谷図書館 地域・行政資料担当
Tel: 048-523-6291 Fax: 048-523-6468 E-mail: kuma-kyodo@lib.pref.saitama.jp