本文ここから

デジタルライブラリー

西洋医説弁

西洋医説弁(画像)
西洋医説弁 上(10,929キロバイトのPDFファイル)
西洋医説弁 下(13,715キロバイトのPDFファイル)

※お使いの回線速度によっては画像表示に時間がかかる場合があります。

解説:権田直助は入間郡入間本郷(現毛呂山町)出身、幕末・明治初期の医師で、勤皇家、神官、国学者でもありました。
『西洋医説弁』の自序には直助の考え方が詳細に述べられており、皇国古方医に立つ彼の考えを知ることができます。
刊行年については、『くすしの一言』安政4年(1857)刊と同じ頃の刊行とされています。

掲載画像の無断転載はお断りします。 ご利用を希望される場合は、埼玉県立熊谷図書館 地域・行政資料担当へお問い合わせ下さい。
埼玉県立熊谷図書館 TEL 048−523−6291(代表)

[ このページに関するお問い合わせ先 ]
埼玉県立熊谷図書館 地域・行政資料担当
Tel: 048-523-6291 Fax: 048-523-6468 E-mail: kuma-kyodo@lib.pref.saitama.jp