本文ここから

デジタルライブラリー

幡随意上人諸国行化伝

幡随意上人諸国行化伝(画像)
幡随意上人諸国行化伝1巻(10,830キロバイトのPDFファイル)
幡随意上人諸国行化伝2巻(7,338キロバイトのPDFファイル)
幡随意上人諸国行化伝3巻(9,033キロバイトのPDFファイル)
幡随意上人諸国行化伝4巻(6,435キロバイトのPDFファイル)
幡随意上人諸国行化伝5巻(7,282キロバイトのPDFファイル)

※お使いの回線速度によっては画像表示に時間がかかる場合があります。

解説:幡随意は安土・桃山時代初期の浄土宗の学僧です。川越蓮馨寺の存貞に学び、天正年中(1573-1592)には熊谷直実の由緒に基づき熊谷に熊谷寺(ゆうこくじ)を再興しました。
慶長6年(1601)には京都知恩寺33世に昇任し、徳川家康から江戸神田駿河台に寺地を賜り、新知恩寺(幡随院、後に下谷に移転)を開創、学寮を設けて師弟の教学指導にあたりました。
この『幡随意上人諸国行化伝』は青表紙・片仮名5巻5冊の形態をもつ一般向けの刊本僧伝です。

掲載画像の無断転載はお断りします。 ご利用を希望される場合は、埼玉県立熊谷図書館 地域・行政資料担当へお問い合わせ下さい。
埼玉県立熊谷図書館 TEL 048−523−6291(代表)

[ このページに関するお問い合わせ先 ]
埼玉県立熊谷図書館 地域・行政資料担当
Tel: 048-523-6291 Fax: 048-523-6468 E-mail: kuma-kyodo@lib.pref.saitama.jp