本文ここから

デジタルライブラリー

鴛鴦文学

鴛鴦文学(画像)
2号 3号 4号

※お使いの回線速度によっては画像表示に時間がかかる場合があります。(4.92〜6.09MBのPDFファイル)

解説:『鴛鴦文学』は、石島郁太郎(石島薇山)が、熊谷中在学中に同窓生と一緒に発刊した文芸雑誌です。
4号で廃刊となりますが、正岡子規の「俳句啓蒙」、太田玉茗の「甲武日記」のほか、川島奇北、中野三充、中山稲青の俳句など、貴重な作品を載せています。
この、『鴛鴦文学』は田山花袋の「田舎教師」に出てくる「行田文学」で、薇山も「田舎教師」の中で石川機山として描かれています。

掲載画像の無断転載はお断りします。 ご利用を希望される場合は、埼玉県立熊谷図書館 地域・行政資料担当へお問い合わせ下さい。
埼玉県立熊谷図書館 TEL 048−523−6291(代表)

[ このページに関するお問い合わせ先 ]
埼玉県立熊谷図書館 地域・行政資料担当
Tel: 048-523-6291 Fax: 048-523-6468 E-mail: kuma-kyodo@lib.pref.saitama.jp