本文ここから

県立久喜図書館子ども読書支援ボランティア(ブックリストグループ)の協力を得て作成したページです。

おかあさんや先生に少しずつ読んでもらう本

子ども読書支援ボランティアが、実践経験の中からおすすめします。
各リンク先から本ページに戻るにはブラウザの「戻る」ボタンを使用してください。

その3(怖いはなし)
松谷みよ子全集 6 松谷みよ子/著 講談社
内容:茂吉のねこ、おおかみのまゆげ ほか
地べたっこさま さねとうあきら/作 理論社
内容:かっぱのめだま、おこんじょうるり、くびなしほていどん、かためじぞう、ふたりのデェデラ坊、なんばんきつねつき、赤ガラス大明神、ツノウシ山の地べたっこさま
足のないおばけ 町人の力 川崎大治・松谷みよ子・与田準一/編 童心社 (発生年代順日本むかしむかし8)
内容:牛方と山んば、きのこのばけもん、いろりの中から黒い手が、かっこからんこからりんこん、人食いおに ほか13編
世界むかし話 南欧 木村則子/訳 ほるぷ出版
内容:十三のすけのぼうけん、鉄のうちに住むガチョウ、くいしんぼむすめ、水晶オンドリ、ジュファーあいさつをならう ほか27編
魚の騎士 スペイン・ポルトガルの昔ばなし 三原幸久/編訳 小峰書店
内容:うたう袋、魚の騎士、シラミの皮のタンバリン、まぬけな狼とずるい狐、アメリカへわたった男の昼食 ほか28編
黒いお姫さま ドイツの昔話 ヴィルヘルム・ブッシュ/採話 上田真而子/編・訳 福音館書店
内容:黒いお姫さま、かしこい百姓、小人のぼうし、金のくさりをつけた王子さま、スリクシェばあさん、しようがないヤギ、ムッシェティーア・グレナディーア・プンペディーア、寒い冬、ふたごの兄弟、かじ屋と坊主、魔法にかけられたお城
ペロー童話集 ペロー/〔作〕 天沢退二郎/訳 岩波少年文庫
内容:眠りの森の美女、赤頭巾ちゃん、青ひげ、長靴をはいた猫、妖精たち、サンドリヨン、巻き毛のリケ、おやゆび小僧、ロバの皮、おろかな願い
鏡にうかぶ影 講談社青い鳥文庫Kシリーズ ホフマン/ほか〔著〕 那須辰造/ほか訳 講談社
内容:さるの手(ジェイコブズ)、黒ねこ(ポー)、鏡にうかぶ影(ホフマン)、大空の恐怖(ドイル)、赤目地蔵(韓国民話)、魔の海のポールスター号(ドイル)、あとになって(ワートン)、ヴィールの亡霊(デフォー)、のろわれた人形の家(ジェイムズ)
 ゴースト・ストーリーズ スーザン・クーパー/ほか作 角野栄子・市河紀子/共訳 偕成社
内容:幽霊の話(スーザン・クーパー)、鏡(角野栄子)、首すじにおかれた指(マーガレット・マーヒー)、山(チャールズ・ムンゴシ)、クジラの歌(ウリ・オルレブ)、眼(キット・ピアスン)
あらし ケビン・クロスレー−ホーランド/文 島田香/訳 ほるぷ出版
アニー一家は、村から遠く離れた大きな沼のほとりに住んでいる。その沼には幽霊の出る噂がある。激しい嵐の晩、アニーはひとりで村へ出かけることになった。アニーの心の動きと、荒れ狂う嵐が重なり合って、緊迫感が迫ってくる。
30分あれば一気に読める。
鏡のむこう側 <グースバンプス>シリーズ R.L.スタイン/作 津森優子/訳 岩崎書店
屋根裏の隠し部屋にある鏡の前でランプの鎖を引くと、明かりがつくと同時に姿が消える。透明人間になれることが面白く、子ども達は消えていられる時間の長さを競い始める。でも、この遊びには、ワナがひそんでいた。

ページ先頭へもどる

[ このページに関するお問い合わせ先 ]
埼玉県立久喜図書館子ども読書推進担当  Tel:0480-21-2659  Fax:0480-21-2791 E-mail:kuki-jido@lib.pref.saitama.jp