本文ここから

図書館がおすすめする本 幼児(ようじ)

本を紹介(しょうかい)し、表紙の画像(がぞう)を掲載(けいさい)することについては、
各出版社(かくしゅっぱんしゃ)の承諾(しょうだく)を得(え)ています。

ももたろう 『ももたろう』  おばあさんが かわでせんたくしていると、つんぶく かんぶくと ももがながれてきました。ももをひろって うちへもってかえると、なかから おとこのこがうまれました。ももたろうです。
 あるひ、おにがわるさをしている というはなしをきいた ももたろうは、いぬとさるときじを おともにつれ、おにがしまへ おにたいじにいきます。
 ももたろうたちが、おにがしまをめざしてゆくがゆくが ゆくと…。
まついただし ぶん
あかばすえきち え
福音館書店 1965年
せきたんやのくまさん 『せきたんやのくまさん』  せきたんやのくまさんは、にばしゃにせきたんをつんで でかけます。そして、いろいろないえに どかん! というおとをたてて、せきたんをおいていきます。
 せきたんのふくろが すっかりなくなると、くまさんは うちへかえります。
 うちについたくまさんは、だんろのまえでえほんをよみます。
 このほんは、せきたんやのくまさんの いちにちをかいた えほんです。
フィービとセルビ・ウォージントン さく・え
いしいももこ やく
福音館書店 1987年
ぼくのくつ 『ぼくのくつ』  おばあちゃんにあたらしいくつをもらった。青くてかっこいい。すぐはきたいから「ぴったりだよ ママ」っていったけど、ほんとはちょっとぶかぶか。はやく大きくなれ ぼくのあし。だけどきゅうにはむりみたい。
 ぼくがしょんぼりしていたら、ぼくの古いくつもしょんぼりしてた。そして次の日、古いくつがいなくなっちゃった?
松成真理子 さく・え
ひさかたチャイルド 2006年
ハンダのびっくりプレゼント 『ハンダのびっくりプレゼント』  ハンダはともだちのアケヨにあげるおいしそうなくだものを頭の上のかごにのせて出かけました。バナナ、グアバ、オレンジ、マンゴー、パイナップル、アボカド、パッションフルーツ。アケヨは何が一番すきかな?
 ところが、そのとちゅう、頭の上のくだものが1つずつなくなってゆきます。ハンダは気づきません。何も知らないハンダがアケヨの家につくと、頭の上には…!
アイリーン・ブラウン さく
福本友美子 やく
光村教育図書 2006年
ちびゴリラのちびちび 『ちびゴリラのちびちび』  ちいさな かわいいゴリラがいました。なまえは ちびちび。おかあさんも おとうさんも おばあさんも おじいさんも うまれたそのひから ちびちびが だいすきです。もりにすむ どうぶつたちも ちびちびがだいすきです。いつもみんなは、ちびちびをよろこばせようとしてくれます。
 ところが、あるひ ちびちびがおおきくなりはじめたのです。ちびちびは ちびちびじゃなくなっちゃうの?
ルース・ボーンスタイン さく
いわたみみ やく
ほるぷ出版 1978年
ドオン! 『ドオン!』  オニのこ ドンは いたずらもの。にんげんのこ こうちゃんも いたずらもの。ふたりはとうとう うちから おいだされてしまいました。
 そしてこうちゃんのうえに オニのこドンがおちてきて たいこを ドン!
オニのこも ドン ドン!
おとうさんもおかあさんもみんなでてきて ドンドコ ドンドコ ドン!
 にぎやかな たいこがっせんのはじまりです。
山下洋輔 文
長新太 絵
福音館書店 1995年
ぼうし 『ぼうし』  はりねずみのハリーが、風にとばされた毛糸のくつしたを見つけたよ。はなをつっこんでみたら、はりがささってとれなくなっちゃった。「なんだよう」
 そこへ、めんどりや がちょう、ねこやいぬたちが次々にやってきて、ハリーをからかった。ハリーは、「あたらしいぼうし。いいでしょう?」と強がったけど、みんなにわらわれて、もう うんざり…
 そのあと、どうぶつたちはどうしたと思う?
ジャン・ブレット 作
松井るり子 訳
ほるぷ出版 2005年
フラニー・B・クラニー、あたまにとりがすんでるよ! 『フラニー・B・クラニー、
あたまに とりがすんでるよ!』
 フラニー・B・クラニーは、長いちりちりまき毛の女の子。きがえをすれば、ボタンにからむし、となりにすわった子は、ずっと くしゃみしてなきゃならないし、みんなは切っちゃえというけど、でも、フラニー・B・クラニーは、自分のかみが大すき。
 ある日、美容院(びよういん)で新しいヘアースタイルにしたら、そこを気に入って鳥がすむようになっちゃった!?
ハリエット・ラーナー 文
スーザン・ゴルドール 文
ヘレン・オクセンバリー 絵
PHP研究所 2006年
はなをくんくん 『はなをくんくん』  ゆきがふりしきる もりのなか、のねずみも、くまも、かたつむりも、まるくなって ねむっている。
 や、みんな めをさました。はなを くんくんさせ、のねずみも、くまも、かたつむりも、みんな かけてく。
 そして、みんなが ぴたりと とまった そのばしょには、春のしるしが…。
ルース・クラウス ぶん
マーク・シーモント え
きじまはじめ やく
福音館書店 1967年
たねがとぶ 『たねがとぶ』  はるになると、きいろや むらさきの はながさき、ちょうがとびまわります。
 はながおわると、くさは みをつけます。
 みの中には、たねがあります。ふわふわとぶ、たんぽぽのわたげ。あれは、たんぽぽのたねです。
 いろいろなかたちの たねが、なかまを ふやすために、たびにでます。
 はるのくさを さがして、たねを みつけよう。
甲斐信枝 さく
福音館書店 1993年
どーこだどこだ 『どーこだどこだ』  ふわふわ黄色のひよこのピーちゃんが、みどりの野原をおさんぽです。
"どーこだ どこだ ピーちゃん どこだ"
いっしょにピーちゃんをさがそうね。
あっ、みーつけた! ピッピちゃんもみーつけた!
ピーちゃんがみつけた、あかい いちご。
ピッピちゃんがみつけた、たんぽぽ。
いちごとたんぽぽをもらったのは、だあれ?
カズコ G・ストーン 作
童心社 2006年
びくびくビリー 『びくびくビリー』  ビリーはとってもしんぱいや。ベッドにはいっても、いろんなことがきになってねむれない。パパもママもなぐさめてくれるけど、それでも、びくびくはとまらない。
 ある日、おばあちゃんが<しんぱいひきうけにんぎょう>をくれたんだ。ぼくのかわりにしんぱいしてくれるから、まくらのしたにいれてねむれば、ぐっすりねむれるんだって。でも、こんどは、ぼくのしんぱいをひきうけてくれたにんぎょうのことがしんぱい…
アンソニー・ブラウン さく
灰島かり やく
評論社 2006年

ページ先頭へもどる
[ このページに関するお問い合わせ先 ]
埼玉県立久喜図書館子ども読書推進担当 Tel:0480-21-2659  Fax:0480-21-2791 E-mail:kuki-jido@lib.pref.saitama.jp