本文ここから

図書館がおすすめする本 幼児(ようじ)

★平成28年 春 紹介★

あたらしくでた本(ほん)から

「きめてよ、おじいちゃん!」の表紙 『きめてよ、おじいちゃん!』  ぼくのおじいちゃんにはちょっとこまったところがある。なんでもぼくにきいてきて、ちっともじぶんできめてくれないんだ。「どっちだっていいよ」って、そればっかり。だからこれからは、ぼくじゃなくて、ぜんぶおじいちゃんがきめてよね!
 おじいちゃんはこまったかおをしたけれど、それからいっしょにサッカーをして、ホットサンドをたべて、どうぶつえんにつれていってくれたよ。
 とってもなかよしなぼくとおじいちゃんのはなし。
ジャン・ルロワ 文
ジャン=リュック・アングルベール 絵
ふしみみさを 訳
光村教育図書 2015年
「どうろこうじのくるま まえとうしろどんなくるま? 1」の表紙 『どうろこうじのくるま(まえとうしろどんなくるま? 1)』 くるまの まえとうしろ よーくみて!
これは なんのくるまでしょう?
ページをめくって よこからみたら わかるかな?
かっこいい はたらくすがただね。
ほんものそっくりに かかれた どうろこうじのくるまが 7しゅるい。
くるまのなまえはもちろん、しくみや はたらくひとたちのようすもわかっちゃう。
こうやって どうろを つくっているんだね。
こうじげんばは あぶないけれど、このえほんなら じっくりみても だいじょうぶだよ。
小輪瀬護安(こわせもりやす)〔作〕
偕成社 2015年

ながくよみつがれた本から

「ひとまねこざる」の表紙 『ひとまねこざる』  じょーじは、かわいいこざるでした。ただ ひとつこまったことは、とてもしりたがりやだったことです。どうぶつえんのそとがどんなか しりたくてたまりません。そっと かぎをぬすんで、にげだしてしまいました。
 まちにでたじょーじは なにをしたのでしょう? しりたがってはだめよ! といわれても そんなのがまんできません! まちには おもしろそうなものが たくさんあるんですもの。
 まちのみんなをこまらせながらも じょーじは みんなのにんきものなんですよ。 
H.A.レイ 文・絵
 光吉夏弥 訳
岩波書店 1983年
「ぼくにげちゃうよ」の表紙 『ぼくにげちゃうよ』  あるひ、どこかへいってみたくなったこうさぎが「ぼくにげちゃうよ」というと、かあさんうさぎは「おまえがにげたら、かあさんはおいかけますよ。だっておまえは、とってもかわいいわたしのぼうやだもの」といいます。
 こうさぎがさかなになってにげると、かあさんうさぎはりょうしになっておいかけます。こうさぎがクロッカスになると、かあさんうさぎはうえきやになっておいかけます。
 うさぎのおやこの おいかけっこのようすが たのしいえほん。
マーガレット・W・ブラウン 文
クレメント・ハード 絵
いわたみみ 訳
ほるぷ出版 1976年

本を紹介(しょうかい)し、表紙の画像(がぞう)を掲載(けいさい)することについては、
各出版社(かくしゅっぱんしゃ)の承諾(しょうだく)を得(え)ています。


ページ先頭へもどる
[ このページに関するお問い合わせ先 ]
埼玉県立久喜図書館子ども読書推進担当 Tel:0480-21-2659  Fax:0480-21-2791 E-mail:kuki-jido@lib.pref.saitama.jp