本文ここから

図書館がおすすめする本 幼児(ようじ)

★平成29年 秋 紹介★

あたらしくでた本(ほん)から

「あなのなかには…」の表紙 『あなのなかには…』  にわの さくらの きのそばに、ちいさな あなをみつけた。
 ママはいった。「このあなは、ネズミのいえに つながってるかもね」
 パパはいった。「なかには、カエルがいっぱい いるかもしれない」
 このあなのなかには いったいだれがいるんだろう?
 リスかな? キツネかな? それとも、ドラゴン?
 きみは、あなのなかに だれがいるとおもう?
レベッカ・コッブ 作・絵
長友恵子 訳
フレーベル館 2016年

ながくよみつがれた本から

「おつきさまこんばんは」の表紙 『おつきさまこんばんは』  よるになりました。
 1けんのおうちと 2ひきのねこ。そらは ふかい こんいろです。
 すこしずつ やねのうえがあかるくなって きいろいおつきさまが かおをだします。
 「おつきさま こんばんは」
 くろいくもがやってきて おつきさまをかくしてしまいました。
 おつきさまのおかおが みえません。
 ごめんごめんと くもがいってしまうと まんまるおつきさまの にっこりえがお。
 「まんまるおつきさま こんばんは」  
林明子 さく
福音館書店 1986年
「もりのてがみ」の表紙 『もりのてがみ』    そとであそべないふゆのひ、ひろこさんは、ともだちのりすや とかげに てがみをかきました。そして、もりにあるもみのきに てがみをさげました。
 「はるになって もりにすみれがさいたら、このもみのきのしたで まっています。」
 ゆきがとけて、あたたかいかぜがふいたとき、ひろこさんは もみのきのところにいってみました。すると、てがみはすっかりなくなっていました。
 ところがあるひ ひろこさんのところに へんじがとどいたのです。
片山令子 さく
片山健 え
福音館書店 2006年

本を紹介(しょうかい)し、表紙の画像(がぞう)を掲載(けいさい)することについては、
各出版社(かくしゅっぱんしゃ)の承諾(しょうだく)を得(え)ています。


ページ先頭へもどる
[ このページに関するお問い合わせ先 ]
埼玉県立久喜図書館子ども読書推進担当 Tel:0480-21-2659  Fax:0480-21-2791 E-mail:kuki-jido@lib.pref.saitama.jp