本文ここから

講演会 「円空 −人と芸術−」

平成24年度 埼玉県立熊谷図書館文化講座

「彩の国教育の日」「埼玉まなびぃプロジェクト」協賛事業、「文字・活字文化の日」記念事業

講師 : 元埼玉県立博物館館長 林宏一氏

円空 近世畸人伝二より
日時 (本講演会は終了しました)
 平成24年10月27日(土)
 午後2時〜4時 (開場:午後1時30分)
会場
 埼玉県立熊谷図書館 1階集会室
対象・定員
 中学生以上(定員50名 先着順)
申込み受付
 10月2日(火)午前9時受付開始
申込方法
 埼玉県立熊谷図書館2階カウンターで直接申し込むか、電話・FAXで「お名前・ご連絡先・人数」を連絡してください。定員になり次第、締め切りとなります。
埼玉県申請・届出サービスでもお申し込みいただけます。10月2日から受付開始です。)

 江戸時代前期の僧、円空(1632〜1695)は、美濃・尾張をはじめ遠くは蝦夷地まで各地を遊行し、多くの仏・神像を遺しました。その数は12万体とも伝えられていますが、現在発見されているだけでも5千体を超し、埼玉県にも数多くの円空仏が残されています。
 円空の人物像については謎の部分が多いのですが、極端な省略とデフォルメによって構成される素朴な作品は、不思議な魅力にあふれています。
 今回は、元埼玉県立博物館館長の林宏一氏をお招きし、円空の人物像と円空仏の魅力について、お話を伺います。

同時開催 資料展「円空を訪ねて‐人と信仰‐」

 8月28日(火)〜11月21日(水)、円空に関する資料展を、埼玉県立熊谷図書館2階ロビーで開催します。円空に関係する資料を集め、その魅力に迫るものです。
 → 詳しくは、資料展示「円空を訪ねて‐人と信仰‐」のご案内ページをご覧ください。

講演会「円空 −人と芸術−」チラシ (PDF形式 662KB)
講演会「円空 −人と芸術−」ポスター (PDF形式 490KB)

Get Adobe ReaderPDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe社のAdobe Readerが必要です。左の“Get Adobe Reader”アイコンをクリックすると、ダウンロード(無償)ページへジャンプします。

問い合わせ・申込先
 埼玉県立熊谷図書館 人文科学資料担当
 電話:048-523-6291 FAX:048-523-6468

ページ先頭へもどる

[ このページに関するお問い合わせ先 ]
埼玉県立熊谷図書館 人文科学資料担当 Tel:048-523-6291 Fax:048-523-6468 E-mail:kuma-jinbun@lib.pref.saitama.jp