埼玉県に関するご質問

回答内容

質問 「ほととぎす銚子は国のとっぱずれ」は誰が詠んだ句か知りたい。
回答 質問の句は鈴木金兵衛によって詠まれたとされています。
『古帳庵鈴木金兵衛をめぐって』(越生町教育委員会編 1994)
 p3 質問の句は昭和60年のNHK朝の連続テレビ小説『澪つくし』の最初の場面に登場したとあります。
 p34-35「◇句碑九 銚子観音円福寺の碑」に質問の句の紹介と句碑の写真(白黒)が掲載されています。
 「港町銚子を代表する名句としてよく知られ、この地方を紹介する刊行物などにしばしば引用されます。」とあり。
 巻頭には句碑カラー写真、資料編p75には句碑の拓本あり。「天保十二(一八四一)年建立」
『越生町史調査報告 4』(越生町教育委員会編 1988)にも同様の記述がありましたので、あわせてご紹介します。
また、《埼玉県ゆかりの偉人データベース》(http://www.pref.saitama.lg.jp/a0305/ijindatabase/syosai-159.html 埼玉県 2014/05/03最終確認)にも鈴木金兵衛について解説されています。
参考資料 『古帳庵鈴木金兵衛をめぐって』(越生町教育委員会編 1994)2館所蔵
『越生町史調査報告 4』(越生町教育委員会編 1988)2館所蔵
参考ウェブサイト 埼玉県ゆかりの偉人データベース「鈴木金兵衛」(http://www.pref.saitama.lg.jp/a0305/ijindatabase/syosai-159.html)
回答年月日 2014/05/03
質問 彩の国音頭の歌詞が見たい。
回答 CD『埼玉のおどり/吉岡儀作[ほか]』(吉岡儀作(唄)ほか コロムビアミュージックエンタテインメント 2006)に歌詞が掲載されていました。こちらは同タイトルのビデオテープの付属資料です。 「彩の国音頭:あざやか踊り彩の国/京極加津恵」
参考資料 『埼玉のおどり/吉岡儀作[ほか]』(吉岡儀作(唄)ほか コロムビアミュージックエンタテインメント 2006)熊谷所蔵
回答年月日 2014/04/09
質問 見沼区の江戸時代の様子を知るために、江戸時代の古地図が見たい。
回答 『大宮市史 3 下 近世地誌編』(大宮市 1973)
 巻頭には「生保年中改定図」「元禄年中改定図」、巻末には「新井村絵図」(寛政12年)等の江戸期の村絵図があります。ここには各宿村の位置と地形、字地、沿革、村況についての記載があり、原図ではないが『新編武蔵風土記稿』『武蔵国郡村誌』を元に作成した各宿村の地図が記載されていました。
『地図・絵図でみる大宮の移り変わり』(大宮市立博物館 1991)
 現在の見沼区に含まれる下記の地域の絵図が掲載されていました。
 p10-11「大砂土村」大和田村絵図(江戸時代のもの)
 p22-25「片柳村」加田屋新田絵図(刊行年記載なし)、新井村絵図(寛政12年(1800))
 p26-27「七里村」宮下村絵図(刊行年記載なし)、猿ヶ谷戸村絵図(刊行年記載なし)
 p28-29「春岡村」深作村絵図(嘉永6年(1853))
『新編埼玉県史 通史編3 近世』(埼玉県 1988)
 附録に「武蔵国絵図」(国立公文書館内閣文庫蔵の複製)がありました。
『新編武蔵風土記稿 第4期第7巻』(雄山閣 1996)
 p117-119に「生保年中改定図」、p120-122に「元禄年中改定図」がありました。
『埼玉平野の成立ち・風土』(松浦茂樹著 埼玉新聞社 2010)
 p135「正保国絵図「武蔵国絵図」部分図」に大宮付近の部分図と解説が掲載されてます。
『古地図を楽しむ』(埼玉県立文書館編 埼玉新聞社 2008)
 p41「紀州御鷹場村絵図」にさいたま市を中心とした紀州鷹場全体の村名が確認できる絵図が掲載されています。

インターネット情報としては以下のウェブサイトが確認できました。
《埼玉県立図書館 デジタルライブラリー》(https://www.lib.pref.saitama.jp/stplib_doc/data/d_conts/index.html)
 「武蔵一国之図」等の埼玉県立図書館所蔵の江戸期の絵図を公開しています。
《国立公文書館デジタルアーカイブ》(http://www.digital.archives.go.jp/gallery/view/category/categoryArchives/0200000000/default)には「天保国絵図 武蔵国」が公開されています。
参考資料 『大宮市史 3 下 近世地誌編』(大宮市 1973)2館所蔵
『地図・絵図でみる大宮の移り変わり』(大宮市立博物館 1991)熊谷所蔵
『新編埼玉県史 通史編3 近世』(埼玉県 1988)2館所蔵
『新編武蔵風土記稿 第4期第7巻』(雄山閣 1996)熊谷所蔵
『埼玉平野の成立ち・風土』(松浦茂樹著 埼玉新聞社 2010)熊谷所蔵
『古地図を楽しむ』(埼玉県立文書館編 埼玉新聞社 2008)熊谷所蔵
参考ウェブサイト 埼玉県立図書館 デジタルライブラリー(https://www.lib.pref.saitama.jp/stplib_doc/data/d_conts/index.html)
国立公文書館デジタルアーカイブ(http://www.digital.archives.go.jp/gallery/view/category/categoryArchives/0200000000/default)
回答年月日 2012/10/06
質問 インターネットで春日部あたりが6000年前は海だったという情報を見た。その後どのように陸地になったのか、海だったのは春日部辺りだけかもしくは埼玉全域だったのか知りたい。
回答 『新編埼玉県史図録』に掲載されている縄文時代前期(約6000年前)の頃の図によれば、栗橋のあたりまで海となっていました。その後については、地球の温暖化・寒冷化によって海進・海退が起きていたことが推測されています。
『新編埼玉県史図録』(埼玉県 1993)
 p22「前期の奥東京湾」の図によると、栗橋のあたりまで海水が入り込んでいます。p30には「後・晩期の奥東京湾と貝塚」の図があります。
『新編埼玉県史 通史編 1 原始・古代』(埼玉県 1987)
 p98-102に関東平野の沖積低地図、p130-132に後・晩期の貝塚と奥東京湾の図が確認できます。
『図説埼玉県の歴史 図説日本の歴史 11』(河出書房新社 1992)
  口絵に「埼玉県の地勢 -縄文海進と貝塚分布」の図と「縄文時代前期の海岸線」があります。
『埼玉県立歴史と民俗の博物館展示ガイド』(埼玉県立歴史と民俗の博物館 2010)
 p11に「貝塚の分布と奥東京湾」の図あり、縄文時代前期と後期の海岸線が確認できます。
『さいたまの海 縄文人からの伝言 特別展』(埼玉県立博物館 1990)
 付録の「埼玉県内の縄文時代早期末から前期の貝塚分布と奥東京湾」に推定海域図があります。
『日曜の地学 1 埼玉の自然をたずねて』(築地書館 2012)
 p214 「縄文時代の埼玉の海(奥東京湾の時代)」の項目があります。
『春日部市史 6 通史編』(春日部市 1994)
 p6 「縄文時代の地形」の項目があります。
『埼玉県地学のガイド』(埼玉県地学教育研究会編 コロナ社 1992)
 p65 「(2)化石からさぐる縄文時代の海」、p285-287 「貝塚の分布から見た縄文海進」の記述があります。
『図説埼玉のあゆみ 遺跡・遺物が語る 原始・古代編』(埼玉埋蔵文化財調査事業団編 埼玉県立埋蔵文化財センター 1991)
 p6 「埼玉の地形」の記述があります。
『中川水系 総論・自然 中川水系総合調査報告書 1』(埼玉県 1993)
 p167-168 「(1)奥東京湾の形成」「(2)奥東京湾の海退と沖積平野の形成」の記述があります。
参考資料 『新編埼玉県史図録』(埼玉県 1993)2館所蔵
『新編埼玉県史 通史編 1 原始・古代』(埼玉県 1987)2館所蔵
『図説埼玉県の歴史 図説日本の歴史 11』(河出書房新社 1992)2館所蔵
『埼玉県立歴史と民俗の博物館展示ガイド』(埼玉県立歴史と民俗の博物館 2010)久喜所蔵
『さいたまの海 縄文人からの伝言 特別展』(埼玉県立博物館 1990)2館所蔵
『日曜の地学 1 埼玉の自然をたずねて』(築地書館 2012)熊谷所蔵
『春日部市史 6 通史編』(春日部市 1994)2館所蔵
『埼玉県地学のガイド』(埼玉県地学教育研究会編 コロナ社 1992)2館所蔵
『図説埼玉のあゆみ 遺跡・遺物が語る 原始・古代編』(埼玉埋蔵文化財調査事業団編 埼玉県立埋蔵文化財センター 1991)2館所蔵
『中川水系 総論・自然 中川水系総合調査報告書 1』(埼玉県 1993)2館所蔵
回答年月日 2014/12/24
質問 埼玉県内で久喜市、八潮市のように「市民大学」と「市民大学院」を併設し学生募集をしている地域はあるか。一覧できる資料があれば知りたい。
回答 埼玉県内の市民大学・大学院については、次の資料に一覧がありました。
『埼玉県社会教育統計資料 平成24年度』(埼玉県教育委員会 2013)
 久喜市・八潮市以外では、春日部市の「ふれあい大学」、「ふれあい大学院」の記述がありました。

《春日部市/ふれあい大学、ふれあい大学院事業》( http://www.city.kasukabe.lg.jp/kourei/kenkou-fukushi/fukushi/koureisha/ikigai/fureai.html)に事業についての説明があります。
参考資料 『埼玉県社会教育統計資料 平成24年度』(埼玉県教育委員会 2013)2館所蔵
参考ウェブサイト 春日部市/ふれあい大学、ふれあい大学院事業(http://www.city.kasukabe.lg.jp/kourei/kenkou-fukushi/fukushi/koureisha/ikigai/fureai.html)
回答年月日 2013/05/04
質問 大宮駅でかつて売られていた盆栽すしの詳細が知りたい。できたらカラー写真も見たい。
回答 以下の資料にカラー写真と簡単な説明がありました。
『駅弁旅行 カラーブックス』(保育社 1967)
 p72 大宮 盆栽すし カラー写真あり。容器が盆栽鉢になるという紹介あり。
 p129 大宮 盆栽すし 10行ほどの解説あり。
参考資料 『駅弁旅行 カラーブックス』(保育社 1967)久喜所蔵
回答年月日 2012/12/18
質問 埼玉県内で動物病院、ペットショップ、ペット霊園が多い市町村が知りたい。
回答 以下のインターネット情報を紹介しました。
《総務省統計局ウェブサイト 平成21年経済センサス基礎調査 結果の概要》
「参考表3 産業(小分類)別民営事業所数及び従業者数-全国,都道府県,市区町村」に獣医業、ペット・ペット用品小売業の市町村別の統計があります。ただし、ペット霊園は他に分類されないその他の生活関連サービス業に含まれるため、事業所数は不明です。( http://www.stat.go.jp/data/e-census/2009/kakuho/gaiyou/gaiyou.htm  2014/03/11最終確認)
《公益社団法人 埼玉県獣医師会ウェブサイト》
動物病院検索のページ、市町村別の病院数の掲載がありました。ただし、会員の病院のみのようです。( http://www.saitama-vma.org/search  2014/03/11最終確認)
《iタウンページ 埼玉》〈獣医〉で検索すると556件ヒット。〈ペットショップ〉で検索すると469件ヒット。〈ペット霊園〉で検索すると156件ヒット。「住所から絞り込む」の欄に多い市町村順に表示されます。( http://itp.ne.jp/saitama/  NTTタウンページ 2014/03/11最終確認)
参考ウェブサイト 総務省統計局ウェブサイト 平成21年経済センサス基礎調査 結果の概要(http://www.stat.go.jp/data/e-census/2009/kakuho/gaiyou/gaiyou.htm)
公益社団法人 埼玉県獣医師会ウェブサイト(http://www.saitama-vma.org/search)
iタウンページ 埼玉(http://itp.ne.jp/saitama/)
回答年月日 2013/10/13
質問 宮代町百間(もんま)の地名のいわれを知りたい。アイヌ語だと聞いたことがある。
回答 『埼玉県地名誌』(韮塚一三郎著 北辰図書 1977)のp488「百間」の項目にアイヌ語との関連について記述がありました。
これによると、アイヌ語で「モ」は「静かな」という意味、「マ」は「湖沼」という意味で、百間は静かに水をたたえた沼の意とされていました。また下記資料でも「モ」の意味を確認できました。
『地名アイヌ語小辞典』(知里真志保著 北海道出版企画センター 1984)
『萱野茂のアイヌ語辞典』(萱野茂著 三省堂 2002)
参考資料 『埼玉県地名誌』(韮塚一三郎著 北辰図書 1977)2館所蔵
『地名アイヌ語小辞典』(知里真志保著 北海道出版企画センター 1984)久喜所蔵
『萱野茂のアイヌ語辞典』(萱野茂著 三省堂 2002)久喜所蔵
回答年月日 2012/10/14
質問 埼玉県の保育所の設置数が全国と比較できる資料を探している。
回答 該当の統計が記載されていた下記の資料と埼玉県のホームページを紹介しました。
『社会福祉施設等調査報告 平成22年』
p122-123「第5表 保育所数、都道府県-指定都市-中核市、経営主体別」(平成22年10月1日)総数:全国21,681、埼玉県716、指定都市(別掲)さいたま市115、中核市(別掲)川越市32、経営主体別の内訳があります。
《埼玉県ホームページ》の「社会福祉施設等一覧」(H26.5.1現在)に埼玉県の保育所の総数があります。ただし全国の数字はありません。 (https://www.pref.saitama.lg.jp/a0602/sisetumeibo.html)
参考資料 『社会福祉施設等調査報告 平成22年』(厚生労働省大臣官房統計情報部編 厚生労働統計協会 2012)熊谷所蔵
参考ウェブサイト 埼玉県ホームページ「社会福祉施設等一覧」(https://www.pref.saitama.lg.jp/a0602/sisetumeibo.html)
回答年月日 2012/10/24
質問 電灯会社として県下最初の浦和電灯(株)(後の埼玉電灯)のあった場所が知りたい。
『埼玉の電気物語』(埼玉県電力協会 1980)p23に「明治37年7月 」とあった。
回答 以下の資料に記述がありました。
『うらわ文化 特集 15号』p28「電灯会社は、この桜の木ノ下の石垣ぞいの道を北に向い、先に述べて古道と交わる左角、現在の見沼代用水土地改良区の建物[平成十六年五月菖蒲町へ移転]のある所にあった。」とあり、付図の「大正末期の浦和‐大正12年頃の浦中通りの説明図-」NO.6 埼玉県庁付近に「13 埼玉電灯株式会社」があります。
『浦和市史 通史編3』付録「最近調査浦和町明細全図」(大正3年)埼玉県庁付近に「埼玉電灯株式会社」があります。
『埼玉県北足立郡浦和町全図』埼玉県庁付近に「埼玉電灯株式会社」があります。
参考資料 『うらわ文化 特集 15号』(浦和市郷土文化会 2007)熊谷所蔵
『浦和市史 通史編3』(浦和市 1990)2館所蔵
『埼玉県北足立郡浦和町全図』(野口秀昌製図 忠臣堂印刷所 1917)熊谷所蔵
回答年月日 2012/07/11
質問 明治以降の埼玉県内市町村名の変遷を調査するための資料を紹介してほしい。
回答 以下の資料を紹介しました。
『埼玉県市町村合併史 下』第二編に市町村単位の明治初期、明治22年、明治22年以降、昭和33年までの変遷表があります。
『埼玉県市町村誌 1-19』近世以降字単位で資料の発行時までの変遷を追うことができる詳細な資料です。
『埼玉県の市町村合併 「平成の大合併」の現状と課題』平成13年から22年にかけて、市町村数が92から64になった平成の大合併の状況がわかります。
『全国市町村要覧 平成23年版』
『幕末以降市町村名変遷系統図総覧 1』全国版。県単位でまとめ、現在の市町村毎に変遷表を作成しています。
『全国市町村名変遷総覧』明治22年施行時及び、それ以降の市町村変更を時系列でまとめたものです。
参考資料 『埼玉県市町村合併史 下』(埼玉県 1962)2館所蔵
『埼玉県市町村誌 1-19』(埼玉県教育委員会 1972-1980)2館所蔵
『埼玉県の市町村合併 「平成の大合併」の現状と課題』(埼玉県企画財政部地域政策課 2011)2館所蔵
『全国市町村要覧 平成23年版』(第一法規 2011)2館所蔵
『幕末以降市町村名変遷系統図総覧 1』(東洋書林 1995)2館所蔵
『全国市町村名変遷総覧』(日本加除出版 2006)2館所蔵
回答年月日 2012/02/07
質問 昭和56年(1981年)8月16日(日)午前6時頃に埼玉県毛呂山町箕和田(もろやままち みのわだ)で、複数の住民が田んぼの上空に浮かぶ見慣れぬ飛行物体を目撃し、この出来事を読売新聞と埼玉新聞が報じたという。
この新聞記事が見たい。
回答 当館所蔵新聞に記事がありました。
「さくら草」(毛呂山町UFOの記事)『読売新聞 昭和56年8月17日付 埼玉版埼南p21』
「毛呂山町にUFO来襲!? 昭和56年8月17日付」(『埼玉新聞縮刷版 昭和56年8月』p195)
参考資料 『読売新聞 昭和56年8月17日付 埼玉版埼南p21』2館所蔵
『埼玉新聞縮刷版 昭和56年8月』2館所蔵
回答年月日 2012/02/25
質問 埼玉県内の人口、昼夜間人口、労働者分布を知りたい。
回答 『国勢調査報告 平成17年第6巻その1 11 埼玉県』
埼玉県内の市町村別従業地・通学地による人口、男女・年齢別人口、就業者数がわかります。
平成22年国勢調査報告は現在未刊です。過去の調査データはインターネットでご覧いただけます。
(http://www.stat.go.jp/data/index.htm 総務省統計局 2011/12/26最終確認)
参考資料 『国勢調査報告 平成17年第6巻その1 従業地・通学地による人口 人口の男女・年齢、就業者の産業(大分類)第2部 都道府県・市町村編 11 埼玉県』(総務省統計局編 日本統計協会 2007)久喜所蔵
参考ウェブサイト 総務省統計局(http://www.stat.go.jp/index.htm)
回答年月日 2012/01/31
質問 東日本大震災で久喜市南栗橋地区に液状化の被害が多数出ているが、
昔はどんな土地だったの知りたい。
回答 下記の資料に、それぞれの時代に南栗橋地区の土地がどんな様子がわかる地形図が掲載されています。
『日本図誌大系 関東1』(朝倉書店 1972)
p340「栗橋・幸手・久喜 図1【5】幸手(明40測)」(一部)
明治40年測図5万分の1地形図「幸手」が掲載されています。
p341「栗橋・幸手・久喜 図2【5】幸手(昭9修)」(一部)
昭和9年測図5万分の1地形図「幸手」が掲載されています。
p342「栗橋・幸手・久喜 図2【5】鴻巣(昭42編)」
昭和42年測図5万分の1地形図「鴻巣」が掲載されています。
■関連資料
液状化については、下記の資料に記載があります。
『日本の液状化履歴マップ』(東京大学出版会 2011)
DVD資料で、次に紹介する図書や地図の増補版にあたります。
「鴻巣」に該当住所と思われる場所は含まれています。
『日本の地盤液状化履歴図』(東海大学出版会 1992)
 国土地理院の5万分の1地形図を元にした履歴図です。
p126「C6-8 鴻巣」に該当住所と思われる箇所は含まれています。
『日本の地盤液状化地点分布図』(東海大学出版会 1991)
国土地理院の20万分の1地形図を元にしたもので、東日本を中心とした広範囲の地形図5枚を収めたものです。
久喜市周辺が掲載されている「3 関東」に該当住所と思われる場所は含まれています。
参考資料 『日本図誌大系 関東1』(朝倉書店 1972)2館所蔵
参考ウェブサイト 久喜市ホームページ:
土地の液状化による南栗橋地区の被害状況について(2015年3月9日更新)
回答年月日 2011/08/31
質問 さいたま市与野・大戸のお囃子について、歴史やいわれなどが載っている資料を探している。
回答 「大戸の神楽」のお囃子と「大戸の祭りばやし」について記述があった資料をご紹介いたします。
『大戸の神楽(埼玉県与野市文化財報告書 第3集)』(与野市教育委員会 1978)
「大戸の神楽概説」「名称、起源」「曲目」「楽」などについて書かれています。
『与野市史 民俗編』(与野市 1980)
p347-392「大戸の神楽」、p393-395「大戸の祭りばやし」の記述があります。
『埼玉の祭り囃子 7(埼玉県民俗芸能調査報告書 第13集)』(埼玉県立民俗文化センター 1998)
p93-96「与野市の祭り囃子」、p95-96「大戸の祭り囃子(旧行)」「伝承と沿革」「演奏曲目の数と名称」「使用楽器の数と名称」「演奏形態」等の記述があります。 「伝承と沿革」に、「大戸神楽の岡田社中が中心になって伝承していたが、 岡田社中が浦和市別所に転出し、現在囃子は中断している。」という記述があります。
『新編埼玉県史 別編2 民俗2』(埼玉県 1986)
p463-464「三 祭りばやし(二)江戸ばやし」 「葛西ばやし」は県東部の北葛飾・南埼玉・北足立各郡の東京隣接地域に分布する。 その呼称を伝える主なところに川口市東領家、同市安行藤八、蕨市蕨、与野市大戸、 三郷市上口等がある。」という記述があります。
『埼玉県の民俗芸能(埼玉県民俗芸能緊急調査報告書)』(埼玉県教育委員会 1992)
p106-109「浦和市別所の神楽と面芝居」与野市大戸の出身である岡田社中についての記述があります。
『里神楽ハンドブック 福島・関東・甲信越』(三田村佳子著 おうふう 2005)
p341-342「里神楽伝承地一覧」中 、p467「里神楽演目一覧」中 さいたま市南区別所「岡田社中」の記述があります。
『埼玉の民俗芸能 1』(埼玉県立民俗文化センター 2004)
p23-24「神楽の面芝居 面芝居保存会岡田社中」の記述があります。
参考資料 『大戸の神楽(埼玉県与野市文化財報告書 第3集)』(与野市教育委員会 1978)熊谷所蔵
『与野市史 民俗編』(与野市 1980)2館所蔵
『埼玉の祭り囃子 7(埼玉県民俗芸能調査報告書 第13集)』(埼玉県立民俗文化センター 1998)2館所蔵
『新編埼玉県史 別編2 民俗2』(埼玉県 1986)2館所蔵
『埼玉県の民俗芸能(埼玉県民俗芸能緊急調査報告書)』(埼玉県教育委員会 1992)2館所蔵
『里神楽ハンドブック 福島・関東・甲信越』(三田村佳子著 おうふう 2005)熊谷所蔵
『埼玉の民俗芸能 1』(埼玉県立民俗文化センター 2004)2館所蔵
回答年月日 2011/06/03
質問 秩父鉄道の踏切一覧(踏切番号と距離位置など)が記載された本を探している。
回答 『いこま 24号 秩父鉄道』p96-99に「踏切道一覧」が掲載されています。御利用は館内でお願いたします。
参考資料 『いこま 24号 秩父鉄道』(大阪産業大学文化会鉄道研究部編 大阪産業大学文化会鉄道研究部 1991)熊谷所蔵
回答年月日 2011/02/17
質問 新市名が「さいたま市」に決まった経緯について知りたい。
回答 『さいたま市誕生』(さいたま市 1991)に平成12年1月10日から2月18日までの40日間で公募し、 その結果を踏まえ、新市名検討委員会及び第2小委員会において検討・審議がなされ、 最終的に合併推進協議会において「さいたま市」に決定した経緯が書かれています。
参考資料 『さいたま市誕生』(さいたま市 1991)熊谷所蔵
『浦和市大宮市与野市合併協議会だより 2000年vol.1』(浦和市大宮市与野市合併協議会 2000)熊谷所蔵
回答年月日 2010/09/18
質問 秩父地方の観光客の推移を知りたい。
回答 『入込観光客「推計」調査概要』(埼玉県労働商工部観光振興室 [2009])に、 「広域圏別入込客及び消費金額集計表(広域圏別)」があり、秩父広域圏の観光客数がわかります。
前年度以前の同資料から推移がわかります。
参考資料 『入込観光客「推計」調査概要』(埼玉県労働商工部観光振興室 [2009])熊谷所蔵
回答年月日 2010/09/10
質問 落語「たらちね」に岩槻ねぎが出てくるか。
回答 『昭和戦前傑作落語全集 5』(講談社 1982)p128-141「垂乳根(たらちね)4代目柳家小さん」収録があり、 p140に「ねぎやねぎ岩槻ねぎやねぎ」とあります。
他にも『古典落語 上』(興津要編 講談社 1986) p471に八百屋の売り声「ねぎやねぎ、岩槻ねぎ・・・・・・えー、ねぎやねぎ」とあります。
『落語大百科 3』(川戸貞吉著 冬青社 2001) p216-218「たらちね」の項目説明の文中に「さてその翌朝、岩槻ネギの味噌汁を作ろうとした嫁さんが・・・」とあります。
参考資料 『昭和戦前傑作落語全集 5』(講談社 1982)久喜所蔵
『古典落語 上』(興津要編 講談社 1986)久喜所蔵
『落語大百科 3』(川戸貞吉著 冬青社 2001)久喜所蔵
回答年月日 2010/08/12
質問 1976年8月の熊谷市の最高気温、最低気温、平均気温を知りたい。
回答 『埼玉新聞』(製本版)気象欄には、前日の最高、最低気温が掲載されていますが、新聞休刊のため8/8分のみ不明です。
『埼玉県の気象百年』(熊谷地方気象台百年誌編集委員会編 熊谷地方気象台百年誌編集委員会 1996)
p94-95に1897(明治30)年から1995(平成7)年の月最高気温、p96-97に1897年から1995年の月最低気温の表があり、1976年8月の月最高気温、月最低気温がわかります。
気象庁ウェブサイト「過去の気象データ検索」で過去の気象データを検索すると、年・月・日ごとの最高、最低気温が表示できます。
(http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php 2010/09/07最終確認)
参考資料 『埼玉新聞』(埼玉新聞社)2館所蔵
『埼玉県の気象百年』(熊谷地方気象台百年誌編集委員会編 熊谷地方気象台百年誌編集委員会 1996)2館所蔵
回答年月日 2010/08/03
質問 春日部市の南桜井駅周辺に旧陸軍の第三製造所江戸川工場があったが、その遺構や資料はあるか。特に遺構の状況と場所が知りたい。
回答 庄和高等学校地理歴史研究部がまとめた以下の資料に記述がありました。
『疎開地からの報告 1 庄和町と東京大空襲』 『ある時計工場の歴史 1 むかし庄和町に軍需工場があった』
南桜井駅は市町村合併前は庄和町にあり、戦前の軍需工場は半官半民の精工舎の 南桜井工場と、官営の江戸川工場が敷地内に併設されていました。
現在の遺構は軍需工場の正門で、今でも南埼病院の門に使われています。
資料には工場敷地の地図も収録されており、現在の地名、建物との関連を特定できるようです。
当時の工場や建物の写真も掲載されています。
参考資料 『疎開地からの報告 1 庄和町と東京大空襲』(庄和高校地理歴史研究部 1994)2館所蔵
『ある時計工場の歴史 1 むかし庄和町に軍需工場があった』(庄和高等学校地理歴史研究部 1991)熊谷所蔵
回答年月日 2009/06/16
質問 埼玉県坂戸市の平成10年頃までの基準地価が知りたい。
回答 所蔵資料で確認いたしましたところ、基準地価は次の資料にありました。
『埼玉県地価調査』平成3年(1991)-平成8年(1996)
『埼玉県地価調査位置図』平成9年(1997)-平成10年(1998)
◇参考情報
埼玉県立図書館ウエブサイトで「埼玉県内の地価資料」についてご案内をしております。
《埼玉県立図書館 >地域・行政資料(埼玉資料)>埼玉県内の地価資料 》(https://www.lib.pref.saitama.jp/stplib_doc/saitama/gyosei/city_tika.html)
参考資料 『埼玉県地価調査』平成3年(1991)-平成8年(1996)2館所蔵
『埼玉県地価調査位置図』平成9年(1997)-平成10年(1998)2館所蔵
参考ウェブサイト 《埼玉県立図書館 >地域・行政資料(埼玉資料)>埼玉県内の地価資料 》
回答年月日 2007/11/09
質問 所沢市の中氷川神社について、正長元年(1428)の棟札の内容が記載されている本はあるか。
回答 下記の史料に記述がありました。
1『所沢市史』(所沢市 1954)p576に棟札(形状も含めて)があり。
2『所沢市史研究 第20号』p60-62「三ヶ島中氷川神社に伝わる棟札3枚について」(出典は上記の「所沢市史(旧版)」)。 この中の1点が「正長元年九月二十三日 棟札」。
3『所沢市史 社寺』(所沢市 1984)p337「中氷川神社 三ヶ島」に引用されている「中氷川神社明細帳」の由緒書きに棟札の内容が触れられている。
なお、1、2の資料と3の資料では棟札の文章に多少の違いが見受けられます。
参考資料 『所沢市史』(所沢市 1954)2館所蔵
『所沢市史研究 第20号』2館所蔵
『所沢市史 社寺』(所沢市 1984)2館所蔵
回答年月日 2007/09/12
質問 幸手市の権現堂河岸(ゴンゲンドウカシ)はいつごろ栄えたのか。当時の様子がわかる資料はないか。
回答 このテーマのみを扱った資料はありませんでした。 内容の一部に参考になりそうなもの含む資料をご紹介させていただきます。 〈歴史、様子など比較的総合的に記述されたもの〉
『幸手市史 通史編 1』(幸手市教育委員会 2002)p707-718に「権現堂」の項あり。
『幸手市史 通史編 2』(幸手市教育委員会 2003)p112-115に「権現堂河岸と関宿向河岸」の項あり。
『栗橋町の歴史と文化財』(栗橋町教育委員会 1982)p83-84に「権現堂の河岸場」の項あり。
『利根川水運と諸大名』(千葉県社会教育施設管理財団 1998)p24-25に付編として、論文「権現堂河岸の成立とその背景」(齊藤仁)あり。
〈簡単な説明があるもの〉
『幸手町歴史散歩』(幸手町教育委員会 1982)p31-33に「権現堂河岸」の項あり。
〈写真があるもの〉
『明治・大正・昭和 埼玉県写真集 上』(国書刊行会 1978)p95に「権現堂河岸-明治20年代-幸手」あり。
参考資料 『幸手市史 通史編 1,2』(幸手市教育委員会 2002)2館所蔵
『栗橋町の歴史と文化財』(栗橋町教育委員会 1982)2館所蔵
『利根川水運と諸大名』(千葉県社会教育施設管理財団 1998)熊谷所蔵
『幸手町歴史散歩』(幸手町教育委員会 1982)2館所蔵
『明治・大正・昭和 埼玉県写真集 上』(国書刊行会 1978)2館所蔵
回答年月日 2007/08/14
質問 現在に至るまでの埼玉県の行政組織の変遷、部局の新設や改廃を調べるにはどのような資料があるか。
回答 『埼玉県行政組織変遷史 平成9年度版』をご紹介します。
本書は戦後から平成9年度までの埼玉県の行政組織を各部局ごとに統廃合・名称変更などを図式化して見られる資料です。
その他、毎年刊行される資料では『埼玉年鑑』に「埼玉県機構図」が付されており、知事部局の組織図がわかります。
参考資料 『埼玉県行政組織変遷史 平成9年度版』(埼玉県総合政策部人事課 1998)2館所蔵
回答年月日 2006/10/18
質問 埼玉県内では「地蔵盆」を行っている(もしくは行っていた)地域があるか。
回答 『新編埼玉県史 別編2 民俗2』では川里村(当時)上会下、三芳町上富、 熊谷市高柳で行われていた旨の記述が見受けられます。
また、『三芳町史 民俗編』『熊谷市史 後篇』にも地蔵盆の実際について「地蔵まつり」や「廻り地蔵」という年中行事についての記述があります。
参考資料 『新編埼玉県史 別編2 民俗2』(埼玉県 1986)2館所蔵
『三芳町史 民俗編』(三芳町 1992)2館所蔵
『熊谷市史 後篇』(熊谷市 1964)2館所蔵
回答年月日 2006/08/23
質問 平成5年~15年の毎年の埼玉県の金魚の生産量(尾)が知りたい。
回答 『埼玉県漁業養殖業統計年報 平成15年』には各年の金魚生産量の推移が掲載されており、単位は万尾の生産量で記載されています。
参考資料 『埼玉県漁業養殖業統計年報 平成15年』(埼玉県農林部生産振興課内水面漁業管理委員会・水産担当 2005)2館所蔵
回答年月日 2006/08/17
質問 御生村小作争議の〈御生〉の読み方を知りたい。現在の地名ではどこにあたるのか。
回答 『埼玉大百科事典』に、〈御正村小作争議〉の項目があります。読みは「みしょうむらこさくそうぎ」で、現在の埼玉県大里郡江南町になります。
その他、『埼玉郷土辞典』『角川日本地名大辞典11 埼玉県』『埼玉県地名誌』の辞典にも〈御正村〉の項目と読みがあります。
いずれも漢字は「生」ではなく「正」を使用しており、読みは「みしょうむら」です。
参考資料 『埼玉大百科事典』(埼玉新聞社 1974)2館所蔵
『埼玉郷土辞典』(埼玉新聞社 1966)2館所蔵
『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』(角川書店 1980)2館所蔵
『埼玉県地名誌』(北辰図書 1977)2館所蔵
回答年月日 2005/03/30
質問 昭和30年頃の埼玉県の高校野球史を探している。
回答 『埼玉県高野連五十年史』があります。熱球譜として公式戦の全記録が載っており、硬式野球の記録は大正10年から、軟式野球の記録は昭和41年からあります。
参考資料 『埼玉県高野連五十年史』(埼玉県高等学校野球連盟 1998)2館所蔵
回答年月日 2005/02/25
質問 明治天皇が大宮氷川神社へ行幸した年月日と、その時宿泊した邸宅名と場所を知りたい。
回答 『埼玉大百科事典』『大宮市史 4』『浦和市史 通史編3』『新編埼玉県史 通史編5』等に詳しい記述があります。
上記の資料によりますと、氷川神社参拝の時期は、明治元年10月28日と明治3年閏10月29日の2回です。
宿泊場所は、浦和宿本陣星野権兵衛宅でした。
星野権兵衛宅は、大間木の大熊家に移築された表門以外は残っておらず、跡地は浦和区の仲町公園となっています。
参考資料 『埼玉大百科事典』(埼玉新聞社)2館所蔵
『大宮市史 4』(大宮市)2館所蔵
『浦和市史 通史編3』(浦和市)2館所蔵
『新編埼玉県史 通史編5』(埼玉県)2館所蔵
回答年月日 2004/11/07
質問 埼玉県内各市町村の木・花・鳥・その他について知りたい。
回答 『埼玉県市町村概要』に「市町村の花・木・鳥」として掲載されています。各市町村発行の『市勢概要』『町勢概要』『村勢概要』は、一番詳しい情報を得られると思いますが、各市町村ごとに一冊一冊、確認していく必要があります。
参考資料 『埼玉県市町村概要』(埼玉県市町村振興協会)2館所蔵
回答年月日 2004/10/18
ページ先頭へもどる

[ このページに関するお問い合わせ先 ]
埼玉県立久喜図書館 情報・地域協力担当 Tel:0480-21-2659 Fax:0480-21-2791 E-mail:kuki-joho@lib.pref.saitama.jp