本文ここから

資料展示「アスベスト問題を考える」のご案内

天然の鉱物アスベスト。繊維状をした鉱物の幾つかの総称で、耐熱性・紡織性・耐蝕性などに優れ、古くから人間の生活に利用されてきました。アスベスト繊維はエジプトのミイラを覆う布に使われていたり、平賀源内が燃えない布「火浣布(かかんふ)」を織ったことなども記録に残っています。

我が国で大量のアスベストの使用が始まったのは19世紀末の近代工業の興隆と共にであり、1970年代には輸入のピークを迎えることになります。アスベストの使用用途の幅は広く約3000種類にも及び、主な用途である建材以外に電気コードやトースターなどの様々な家庭用製品にも使われています。

このように身のまわりの多くのものに使用されたアスベストですが、1972年に世界保健機構(WHO)と国際労働機関(ILO)でその発ガン性を指摘され、健康に悪影響を及ぼす物質として広く認知されました。これを受け我が国でも1975年の「特定化学物質等障害予防規則の改正」により吹き付けアスベストの原則禁止をするなど規制をし、関連する法律の改正が次々と行われました。そして現在、2004年のアスベスト使用禁止以降例外的に認められていたアスベスト含有製品についても、2008年までに全面禁止するまでに至っています。

しかし、「静かな時限爆弾」といわれるように曝露してから健康に影響が出始めるまで平均40年もの長い潜伏期間があります。また、アスベストが建材として使われた1960年代から90年代のビル・マンションなどの建築物の解体時期はこれからで、2020年〜40年がアスベスト廃棄物のピークといわれています。

今回の展示では、アスベストが及ぼす影響やその対策を中心に当館所蔵資料を紹介いたします。併せて、図書・雑誌記事を掲載した「資料リスト」と「調べ方案内 アスベストについて調べる」を作成いたしましたので、ご覧いただければ幸いです。

■場 所  埼玉県立久喜図書館2階閲覧室

■期 間  2007年1月16日火曜日〜2007年2月18日日曜日



アスベスト問題を考える 資料リスト 2007.1

このリストは、埼玉県立図書館で所蔵するアスベストについての図書および雑誌記事をリストにし、ご紹介するものです。

【目次】
1 アスベストとは
2 アスベストによる健康への影響
3 震災とアスベスト
4 対策《法・マニュアル・企業技術》
5 補償
【リストの見方】
[図書]書名/副書名/著者/発行所/刊年/[所蔵館(久喜:県立久喜図書館)(浦和:旧県立浦和図書館)/請求記号]
[雑誌]誌名/巻号/特集名(記事名)/ページ数[所蔵館(久喜:県立久喜図書館)(浦和:旧県立浦和図書館)]
*2年より前の雑誌(2007年現在では2004年以前)は、館内でご利用ください

1 アスベストとは

【図書】
【雑誌】
ページ先頭へもどる

2 アスベストによる健康への被害

【図書】
【雑誌】
ページ先頭へもどる

3 震災とアスベスト

【図書】
【雑誌】
ページ先頭へもどる

4 対策《法・マニュアル・企業技術》

【図書】
【雑誌】

ページ先頭へもどる

5 補償

【図書】
【雑誌】
ページ先頭へもどる
[ このページに関するお問い合わせ先 ]
埼玉県立図書館自然科学・技術資料担当 Tel:0480-21-2659 Fax:0480-21-2791 E-mail:kuki-sizen@lib.pref.saitama.jp