本文ここから

資料展示「平城遷都1300年」のご案内

資料展「平城遷都1300年」展示の様子

 「青丹(あおに)よし 奈良の都…」と歌われた平城京は、 西暦710年、大和盆地の北部、現在の奈良市につくられました。 平城京では、律令国家体制が確立され、わが国で初めての本格的な都がつくられるとともに、 日本の歴史上でも他に類をみないほどの国際交流都市として、大陸の文化と日本の文化を融合させ、 天平文化を開花させました。
 今年、2010年は平城遷都から1300年にあたり、平城京跡をはじめ各地で様々な記念イベントが企画・開催されます。
 今回の展示では、平城京やその時代の歴史・文化について、皆様に改めて理解を深めていただくため、 当館所蔵資料のほか、平城遷都1300年に関する記念イベントの案内等を併せてご紹介します。

場所埼玉県立熊谷図書館 2階ロビー
期間2010年2月27日(土) 〜 5月27日(木) ※休館日を除く

「平城遷都1300年」資料リスト

埼玉県立熊谷図書館で所蔵する関連図書・雑誌をご紹介します。(2010.2.25)

展示期間中は貸出はできませんが、予約は可能です。展示終了後、順次貸出を行います。
また、請求記号の後ろに「※」が付いている資料は館内利用となります。個人貸出はできません。
あらかじめご了承下さい。

平城京・奈良時代について

書名(:副書名、巻号)著者名出版者出版年請求記号
NHK平城京ロマンの旅 NHK平城京プロジェクト/著 学習研究社 1987.5 BM29//
関東古代寺院の研究 鶴岡静夫/著 弘文堂 1988.3 185.9/カ/
記紀万葉の世界:川崎庸之歴史著作選集 第1巻 川崎庸之/著 東京大学出版会 1982.10 210.3/カ/
古寺巡礼奈良 11 興福寺   淡交社 1979.11 185.9/コ/
古寺巡礼奈良 15 薬師寺   淡交社 1980.11 185.9/コ/
古代飛鳥と奈良を考える 井上光貞/〔ほか〕著 学生社 1985.1 210.3/エ/
古代国家と万葉集 森田悌/著 新人物往来社 1991.3 210.35/コ/
天武・持統朝:その時代と人々   奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 2004.4 210.34/テン/
日本の時代史 4:律令国家と天平文化 石上英一/〔ほか〕編 吉川弘文館 2002.9 210.1/ニホ/
平城宮跡資料館図録 奈良国立文化財研究所/編 奈良国立文化財研究所 1987.5 216.5/ヘイ/
平城京:その歴史と文化 奈良県・平城遷都一三〇〇年記念二〇一〇年委員会/編 小学館 2001.12 210.35/ヘイ/
平城京再現:とんぼの本   新潮社 1985.3 210.35/H51/
平城京条坊総合地図:奈良文化財研究所創立50周年記念   奈良文化財研究所 2003.3 R216.5/ヘイ/※
平城京の精神生活 金子裕之/著 角川書店 1997.5 210.35/ヘイ/
平城京の風景:古代の三都を歩く 千田稔/著 文英堂 1997.9 210.35/ヘイ/
日本古代社会の史的展開 薗田香融/編 塙書房 1999.3 210.3/ニホ/
中世・近世の国家と社会 永原慶二/〔ほか〕編 東京大学出版会 1986.11 210.4/チ/
万葉びとの心と暮らし:仏教文化の開花 中西進/編 作品社 2003.5 210.35/マン/
〈謎の歌集「万葉集」〉 『歴史読本:別冊』15巻16号   1990.7 雑誌※
〈平城京:平城遷都1300年記念〉 『別冊太陽』65957巻94号   2010.1.15 雑誌
〈「万葉集」を旅する〉 『サライ』18巻8号   2006.4.20 雑誌※
ページ先頭へもどる

聖武天皇と大仏について

書名(:副書名、巻号)著者名出版者出版年請求記号
国民の歴史4:大仏開眼   文英堂 1968 210.1/コ/
古寺巡礼奈良 14 東大寺   淡交社 1980.2 185.9/コ/
聖武天皇:巨大な夢を生きる 中西進/著 PHP研究所 1998.11 288.44/シヨ/
聖武天皇と国分寺:在地から見た関東国分寺の造営 関東古瓦研究会/編 雄山閣出版 1998.5 185.913/シヨ/
聖武天皇の夢と謎 甲賀市教育委員会/編 新人物往来社 2005.3 210.35/シヨ/
大仏開眼:東大寺の考古学(平成12年度秋季特別展図録) 奈良県立橿原考古学研究所付属博物館/編   2000.10 210.35/タイ/
大仏開眼と宇佐八幡神:黄金の出土・法蓮・良弁 清輔道生/著 彩流社 2002.6 210.3/タイ/
大仏建立 杉山二郎/著 学生社 1968 210.35/ス/
大仏造立の都・紫香楽宮 小笠原好彦/著 新泉社 2005.10 210.35/タイ/
天平の光と影:大仏建立をめぐって 上原和/〔ほか〕著 講談社 1980.10 210.35/ウ/
堂々日本史 第8巻 NHK取材班/編 KTC中央出版 1997.7 210.04/トウ/
奈良の大仏:世界最大の鋳造仏 香取忠彦/著 草思社 1981.4 児童71/ナ/
〈大仏建立と天平の世紀〉 『歴史読本』25巻14号   1980.11特大号 雑誌※
ページ先頭へもどる

行基について

書名(:副書名、巻号)著者名出版者出版年請求記号
行基 井上薫/著 吉川弘文館 1987.9 188.2/ギ/
行基:生涯・事跡と菩薩信仰 没一二五〇年記念特別展 堺市博物館/編   1998.10 188.212/キヨ/
行基事典 井上薫/編 国書刊行会 1997.7 R188.212/キヨ/※
行基と古代仏教 中井真孝/著 永田文昌堂 1991.7 188.2/ギ/
行基の考古学 摂河泉古代寺院研究会/編 塙書房 2002.6 188.212/キヨ/
行基ゆかりの寺院   国書刊行会 1997.7 188.212/キヨ/
行基説話の生成と展開 米山孝子/著 勉誠社 1996.6 188.212/キヨ/
行基伝承を歩く 根本誠二/著 岩田書院 2005.9 188.212/キヨ/
天平の僧行基:異能僧をめぐる土地と人々 千田稔/著 中央公論社 1994.3 188.2/テ/
奈良仏教と行基伝承の展開 根本誠二/著 雄山閣出版 1991.6 182.1/ナ/
ページ先頭へもどる

遣唐使について

書名(:副書名、巻号)著者名出版者出版年請求記号
遣唐使 東野治之/著 岩波書店 2007.11 210.3/ケン/
遣唐使が歩いた道 曹復/著 二玄社 1999.7 210.3/ケン/
遣唐使が見た中国文化 奈良県立橿原考古学研究所附属博物館/編   1995.3 222/ケ/
遣唐使時代の日本と中国 江上波夫/編 小学館 1982.4 210.3/ケ/
遣唐使全航海 上田雄/著 草思社 2006.12 210.3/ケン/
しらべ学習に役立つ日本の歴史 4:遣唐使船をしらべる   小峰書店 1995.4 児童21/シ/
遣唐使と古代日本の対外政策 森公章/著 吉川弘文館 2008.11 210.3/ケン/
遣唐使と正倉院 東野治之/著 岩波書店 1992.7 210.3/ケ/
遣唐使の見た中国 古瀬奈津子/著 吉川弘文館 2003.5 210.3/ケン/
最後の遣唐使 佐伯有清/著 講談社 1978.10 210.3/サ/
昭和遣唐使3000人の旅 中島梓/編著 講談社 1958.8 292.2/シ/
シルクロードを翔る:遣隋使と遣唐使   なら・シルクロード博記念国際交流財団シルクロード学研究センター 2003.3 292.28/シル/
唐から見た遣唐使:混血児たちの大唐帝国 王勇/著 講談社 1998.3 210.3/トウ/
奈良・平安期の日中文化交流 王勇/編 農山漁村文化協会 2001.9 210.35/ナラ/
万葉の遣唐使船:遣唐使とその混血児たち 高木博/著 教育出版センター 1984.5 210.3/マ/
〈遣唐使船−東アジアのなかで〉 『週刊朝日百科:日本の歴史別冊』4号   1994.1 雑誌※
ページ先頭へもどる

鑑真について

書名(:副書名、巻号)著者名出版者出版年請求記号
鑑真 東野治之/著 岩波書店 2009.11 188.12/カン/
鑑真 汪向栄/著 今枝二郎/訳 五月書房 1980.6 188.1/オ/
鑑真:その戒律思想 石田瑞麿/著 大蔵出版 1974.1 188.1/ガ/
鑑真:東洋美術選書 杉山二郎/著 三彩社 1971 188.1/ス/
鑒真大和上伝之研究 安藤更生/著 平凡社 1960.8 188.1/ガ/
鑑真の道:歴史紀行 坊津・大宰府・唐招提寺 柴田勝彦/著   1979.8 202/ガ/
鑑真和上:円寂一二○○年記念 安藤更生/編 亀井勝一郎/編 春秋社 1963 188.1/ガ/
古寺巡礼奈良 9 唐招提寺   淡交社 1979.9 185.9/コ/
唐大和上東征伝:鑑真和尚東渡記 日本語中国語現代語訳 淡海三船/著 海野昇雄・郭人奇/訳   1980.3 188.1/ト/
奈良の寺 20:鑑真像と木彫群     1975 BM702//
ページ先頭へもどる

[ このページに関するお問い合わせ先 ]

埼玉県立熊谷図書館 人文科学資料担当 Tel:048-523-6291 Fax:048-523-6468 E-mail:kuma-jinbun@lib.pref.saitama.jp