本文ここから

県立熊谷図書館では、2階ロビーにおいて1月から2月までの間、下記のテーマで資料展示を行っています。

所蔵資料展示目録(平成17年度第3回)2005/2006 Winter

山内一豊の妻

 2006年のNHK大河ドラマの主人公は、山内一豊の妻・千代です。数ある戦国武将の中で、ずば抜けた名門の出身でもなく、戦場で華々しい活躍をしたわけでもない山内一豊を、献身的な愛と機知に富んだ対応で土佐二十万二千石の太守にまで出世させたとされる千代は、戦前の尋常小学校の教科書にも採り上げられて、妻の模範と称えられてきました。
 エピソードに事欠かない女性でありながら、出身地・名前などに諸説があり謎が多いとされる山内一豊の妻とは、いったいどんな女性だったのでしょうか。今回は、山内一豊と妻・千代の逸話を伝える史料や、戦国乱世を生きた女性たちに関する資料をご紹介します。


〈リストの見方〉
 書名・副書名/叢書名/著者・編者/出版社/出版年/請求記号
  ※館内利用と付記したものは、図書館内でご利用ください。
  ※雑誌記事も多数掲載しました。論文名後ろの( )内に記したのが、掲載誌及び巻号です。

【千代の素顔】

夫によく仕え、質素倹約の生活を送った千代。まな板が買えず桝を代わりに使ったとか、美しい髪を切ったお金で来客をもてなしたなど、貧困の中でもつつましくやりくりする女性でした。また、大切にとっておいた小さな布切れを寄せ集めたパッチワークで見事な色合わせの小袖を作ったなど、縫い物がとても上手だったといいます。その千代に、裁縫や書道・礼儀作法を教えたのが実は一豊の母であり、‘ぜひ息子の嫁に’と望まれて、一豊と結ばれたとされています。

【史料にみる「馬を買う話」】

  千代の内助の功を伝えるエピソードは様々ありますが、最も有名なのが馬を買う話でしょう。仙台から売りに来た名馬を手に入れるために、千代が鏡箱の底に大事にため込んでいた黄金を一豊に渡して馬を買わせ、馬揃えの際に大将(信長)のお褒めにあずかり、出世のきっかけになったというものです。
 このエピソードは、江戸時代中期に新井白石の『藩翰(はんかん)譜(ふ)』や湯浅常山の『常山(じょうざん)紀談(きだん)』、室鳩巣の『鳩(きゅう)巣(そう)小説(しょうせつ)』を通じて広く世間に知られるところとなり、明治の頃には尋常小学校の教科書でも採り上げられました。

◆コラム◆黄金をくれたのはお父さん?お母さん?
 名馬購入の資金となったこの黄金、『藩翰譜』と『常山紀談』では嫁入りの時にお父さんが持たせてくれたとしていますが、『鳩巣小説』では夫の急用の時に使うようにとお母さんがくれたとしていて、お金の出所に食い違いが見受けられます。また、北国出陣のための軍備を整えることができず、自殺するしかないと思い詰めている一豊を助けるために黄金を差し出したとする説(※『治国寿夜話』)もあり、はっきりしたことは分かっていないとされています。
※ 『治国寿夜話』・・・成立年代・作者ともに不明で、国会図書館と内閣文庫に 写本があるのみとされています。

【戦国乱世の女性たち】

   一豊・千代夫妻の生きた戦国時代は、真の実力を備えた者だけが勝利者となった実力の時代。各地に多くの戦国武将が林立し、男たちはその生涯の大半を戦場で過ごしていました。留守がちの夫に代わって城内のことをとりしきるのは妻たちで、中には、戦死した夫に代わって領国経営に乗り出す‘女戦国大名’もいました。籠城戦では、鉄砲玉を作ったり城郭補強にあたるなど、働き者の妻たちは戦国大名にとってはたくましいパートナーでした。
 また、1549年にフランシスコ・ザビエルが来日して以来、外国人宣教師たちがキリスト布教のためにたびたび日本にやって来ました。布教のかたわら彼らが残した記録は、当時の日本を知る貴重な資料とされており、中でもポルトガル人宣教師ルイス・フロイスは、ヨーロッパと日本を多方面から比較した詳細な記録を残しました。戦国時代の女性についても詳しく知ることができます。

いかがでしたか? 歴史・哲学の専門館である県立熊谷図書館には、ここに挙げた他にも多数の図書や雑誌が揃っています。どうぞご利用ください。

◆ 参考文献◆

[ このページに関するお問い合わせ先 ]
埼玉県立図書館人文科学担当 Tel:048-523-6291 Fax:048-523-6468 E-mail:kuma-jinbun@lib.pref.saitama.jp