本文ここから

資料展示「闘病記を読む 著者は病気とどう向き合ったのか その1 癌(がん)」のご案内

 「闘病記」は病気にかかった患者や家族などがつづった体験記です。多くの人に生きるヒントや励ましとなる情報がたくさん詰まっている資料です。特に同じ病気にかかった人と その家族には病気と向き合っていく勇気を与えてくれます。そこで、県立図書館所蔵の闘病記を病気別にリストにし、みなさまの参考にしていただこうと考えました。
 今回は「がん」に関する闘病記のリストを作成し、資料の展示を行います。展示する闘病記は出版されてから時間が経過している資料もあります。医療技術は日進月歩であり、治療法や薬は古くなっている内容のものもあること、だれにでもあてはまるものとは限らないことをご了解いただいた上でご利用ください。
 県立図書館では、資料・情報の提供を通じてみなさまが医療情報を探すお手伝いをしています。ただし、図書館として特定の資料の内容をおすすめしたり保証したりするものではありません。医療情報については常に最新の情報にあたり、複数の情報源を比較することが大切と考えます。医師や医療機関と相談する材料としてご利用ください。

場所埼玉県立久喜図書館 2階閲覧室
期間2010年7月23日(金) 〜 2010年8月20日(金)

「闘病記を読む 著者は病気とどう向き合ったのか その1 癌(がん)」〜資料リスト

埼玉県立図書館で所蔵する図書をご紹介します。(2010.7.23)

闘病記には複数のがんを治療した内容の資料も含まれます。また、出版年の古い資料が多く、損耗が激しいものもあります。あらかじめご了承ください。
なお、請求記号欄が「BM」とあるものは熊谷図書館の旧移動図書館の資料です。お取り寄せしますので、職員におたずねください。

1 「肺がん」

書名著(編)者出版社出版年請求記号
飛鳥への伝言 がん宣告の母から息子への50通の手紙橘雅子講談社2000916タチ
飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ 若き医師が死の直前まで綴った愛の手記井村和清祥伝社1980916ア
いのちの落語樋口強文藝春秋2005BM
イヴまで待って 肺癌告知を受けて安田いづみ近代文芸社1994BM
がん病棟周章狼狽記たいらまさお草思社 1992916ガ
ガン病棟の九十九日児玉隆也新潮社1985916ガ
31歳ガン漂流奥山貴宏ポプラ社2003BM
32歳ガン漂流エヴォリューション奥山貴宏牧野出版2005BM
33歳ガン漂流ラスト・イグジット奥山貴宏牧野出版2005BM
妻を看取る日 国立がんセンター名誉総長の喪失と再生の記録垣添忠生新潮社2009BM
妻と私(わたし)江藤淳文藝春秋1999914.6エト
肺ガン病棟からの生還野原一夫新潮社1990BM
プロジェクト・キャンサー 「けもの道」を選んだガン患者大橋淳一角川書店2001916オオ
負けてたまるか 肺ガン刑事の長生き奮闘記腰原常雄二見書房2002916コシ
ゆーわけ、こわけ 死を歩む母、グループケアの記録水沢周文藝春秋1991BM
ページ先頭へもどる

2 「乳がん」

書名著(編)者出版社出版年請求記号
アマゾネスのように中島梓集英社1992916ア
遺書 笑う乳がん闘病記田原節子集英社2004BM
一年ののち 娘たちに語るガン闘病の日々三樹世津子創風社出版1991916イ
いのちの声 失うことは生かされること遠藤郁子海竜社1994BM
ガンを生きる 雪降る夜佐々木妙子探究社1990BM
がん人生塩沢ときデータハウス1992BM
がんだから上手に生きる田原節子海竜社2004BM
がんと闘う・がんから学ぶ・がんと生きる中島みち文藝春秋2003BM
がんと一緒にゆっくりと あらゆる療法をさまよって絵門ゆう子新潮社2003916エモ
今日と明日のはざまで 乳がん発症闘病記大山和栄星湖舎2003BM
怖がらないで生きようよ がんと共生する医師のポジティブ・ライフ小倉恒子講談社2002916オク
「死への準備」日記千葉敦子文藝春秋1991BM
死を怖れる人たちへ がんを受容した娘の生き方藤井禮子講談社2000BM
たたかいはいのち果てる日まで 人間的医療に賭ける向井承子筑摩書房1990B916タ
誰も知らないあした ガン病棟の手記中島みち時事通信社1984916ナ
チーちゃん、ごめんね ガンと闘う母から娘へ成田敦子光風社出版1988916チ
乳房再建三島英子小学館1995BM
乳房光れり 闘病六二○○日、笑顔でがんを生きた日々大井洋子佼成出版社1992916チ
妻の乳房 「乳がん」と歩いた二人の十六年村井国夫光文社2004BM
天使のノック 乳ガンになって気づいた、幸せの意味泉アキゴマブックス1999BM
乳がんをかかえて生きる女たち山中登美子広済堂出版1990BM
乳ガンなんかに敗けられない千葉敦子文藝春秋1981916ニ
フランス流乳ガンとつきあう法木立玲子毎日新聞社1999916キタ
よく死ぬことは、よく生きることだ千葉敦子文藝春秋1987915.9C42
ページ先頭へもどる

3 「口腔底がん」

書名著(編)者出版社出版年請求記号
それでも私は生きる ガンに耐えぬく日々丹羽小弥太主婦の友社1976916ソ
針千本 私のがん闘病記江夏美好河出書房新社1982915.9E57
ページ先頭へもどる

4 「舌がん」

書名著(編)者出版社出版年請求記号
失われた声(舌がん)加東祥子全国朝日放送1990BM
岳史よ、生命あるかぎり(舌がん)加東康一講談社1990916タ
ガンと闘う勇気 生を支える愛と苦悩の日々(舌がん)加東祥子主婦と生活社1992BM
ページ先頭へもどる

5 「食道がん」

書名著(編)者出版社出版年請求記号
おい癌め酌みかはさうぜ秋の酒 江国滋闘病日記江国滋新潮社1997916エク
死は「終り」ではない 山川千秋・ガンとの闘い一八〇日山川千秋文藝春秋1989916シ
わたしは尊厳死を選んだ ガンに生きた900日細郷秀雄講談社1993916ワ
ページ先頭へもどる

6 「胃がん」

書名著(編)者出版社出版年請求記号
あした生きてね いのち見つめた日々のこと杉浦政子文芸社2000916スキ
生きて、還りぬ。がん院長、進行胃がんを友に14年原啓一集英社1993BM
いのちに限りが見えたとき 夫と癌を生きて星野周子サイマル出版会1996BM
生命のきわみまで 自らのガンと闘った医師の記録河原宣人講談社1971916イ
いのちの授業 がんと闘った大瀬校長の六年間神奈川新聞報道部新潮社2005BM
ガンとの闘い 45歳で逝った奇術師の日記から伊藤一葉大和書房1980916ガ
ガンも自分いのちを生ききる笹沢左保海竜社1994BM
告知 外科医自ら実践した妻へのガン告知と末期医療熊沢健一マガジンハウス1999916クマ
三度目のガンよ、来るならごゆるりと梅原猛光文社2001BM
したたかに愛燃えて家城久子中央公論社1991B916シ
シリウスへの旅立ち 女医・高橋文恵のガン闘病日記高橋文恵一光社1994491.6シ
知りたがりやのガン患者種村エイ子農山漁村文化協会1996916シ
父卒(お)わる 三時三十七分四十秒鶴井通真講談社1991BM
妻の大往生永六輔中央公論新社2002916エイ
涙のアンパンマン・マーチ原島久美子書苑新社1997BM
二十三年目の別れ道 はじめて明かす夫・逸見政孝の闘病秘話とそれからのこと逸見晴恵フジテレビ出版1994916ニ
残された二人の日々青木節子日本図書刊行会1998916アオ
ホスピスで安らかな旅立ち 闘病記録・ガンには勝てない臼田敬子郁朋社2004BM
末期ガンになったIT社長からの手紙藤田憲一幻冬舎2006BM
もう一度海へ行きたかった 癌に斃れた父親の日記永井忠朝日新聞社1978916モ
ページ先頭へもどる

7 「大腸がん」

書名著(編)者出版社出版年請求記号
医者が癌にかかったとき竹中文良文藝春秋1991916イ
一緒に年取れずにごめんね 妻ががん患者になったとき清水光雄小学館1999916シミ
がん告知 解けなかったパズル小野厚子立風書房1993BM
がんと闘った科学者の記録戸塚洋二文藝春秋2009916トツ
癌にかかった医者の選択 残りのいのちは自分で決める竹中文良法研1992916タ
がん六回人生全快 現役バンカー16年の闘病記関原健夫朝日新聞社2001BM
手術も抗ガン剤も断わって 奇跡の大腸ガン闘病記中野きく子潮文社1992915.9N39
キャンサー・ギフト ガンで死ねなかったわたしから元気になりたいあなたへ高橋ユリカ新潮社1995BM
ホタルの日記 わが子に伝える命の終章中村光代エフエー出版1993BM
ページ先頭へもどる

8 「肝臓がん」

書名著(編)者出版社出版年請求記号
生きてんの精いっぱい 人間・渥美清 壮絶ガン闘病と家族愛篠原靖治主婦と生活社1997778.21イキ
生きる者の記録佐藤健佐藤健毎日新聞社2003BM
いのちと生きる重兼芳子中央公論社1994B916イ
HCCの疑いあり 肝細胞ガンとの闘い池田貴幻冬舎1997916イケ
お父ちゃんの片道キップ真崎彌壽子文芸社2000BM
ガン手術そして二年半秋山秀夫学生社1997BM
ガンに生かされて飯島夏樹新潮社2005BM
癌よ妻を返せ 愛と死のはざまで長谷川仁広済堂出版1977916ハ
禅僧 ガンと生きる 荒金天倫老師の1、200日鈴木出版編集部鈴木出版部1990916ゼ
たとえ病むとも重兼芳子岩波書店2000B916シケ
誕生池田貴幻冬舎1998BM
わが妻の「死の美学」亀井俊介リバティ書房1993BM
ページ先頭へもどる

9 「膵臓がん」

書名著(編)者出版社出版年請求記号
ガンと上手につきあいなはれ黒田清徳間書店2000BM
生と死の隣合わせに…高橋悦史近代映画社1996BM
大学病院で母はなぜ死んだか古森義久中央公論社 1996B916コモ
モルヒネはシャーベットで  家で看とった死波多江伸子鎌倉書房1992BM
ゆびきりげんまん ガンで逝った夫と妻の“恩愛の記”高橋悦史主婦と生活社1996BM
ページ先頭へもどる

10 「卵巣がん」

書名著(編)者出版社出版年請求記号
十四年十回のがん手術を生き抜いて植松文江光文社2004BM
散りいそぐ花の哀しみは ガン告知に耐えて渡辺みよ子風媒社1985916チ
闘病の記神田千恵さいたまマイブックサービス2002916カン
ページ先頭へもどる

11 「脳腫瘍」

書名著(編)者出版社出版年請求記号
医者が末期がん患者になってわかったこと ある脳外科医が脳腫瘍と闘った凄絶な日々岩田隆信中経出版1998916イワ
医者が末期がん患者になってわかったこと 続岩田隆信中経出版1998916イワ
オムツをはいたママ 母との愛と格闘の日々安藤和津グラフ社2004BM
五月の晴れた日のように上埜紗知子中央公論社1998B916ウエ
ではまた明日西田英史草思社1995916デ
涙のち笑顔 大病と闘った娘と家族の2000日布川敏和講談社2007BM
ひとりのひとを哀しむならば大澤恒保河出書房新社1999BM
ページ先頭へもどる

12 「小児がん」

書名著(編)者出版社出版年請求記号
聖子は鳥になった高橋和子潮出版社1985915.9Ta33
ママでなくてよかったよ 小児ガンで逝った八歳−498日間の闘い森下純子比良出版2000916モリ
ママともう一度呼んで 母と子の愛の絶唱菅原有一秋元書房1980916マ
ページ先頭へもどる

13 「白血病」

書名著(編)者出版社出版年請求記号
明日(あした)も必ず晴れますように中島佐知子角川書店1998児童
あたりまえの日に帰りたい 骨髄性白血病からの生還小林茂登子時事通信社2000916コハ
いのち煌めいて 由希子白血病と闘った青春久野哲弘東京新聞出版局1994916イ
永遠の愛を誓って 二十歳で逝った成美さんの記録安積政子JICC出版局1991BM
風の伝言草川八重子かもがわ出版1990916ク
聞こえますか生命(いのち)の歌 白血病で逝った少女からの「贈りもの」鹿村由起子クレスト社1993BM
霧の中の生命(いのち) 白血病を骨髄移植で治し、今日を生きる大谷貴子リヨン社1991916キ
死を見つめたわが子麻意の三年石黒美佐子朝日新聞社1993916シ
小さき生命かなし今村英子講談社1971916チ
虹ちゃん日記虹ママ新風舎1999916ニシ
ぼく生きたかった 被爆二世史樹ちゃんの死竹内淑郎宇野書店1968915.9Ta67
微笑(ほほえみ)がえし 白血病とたたかう家族たちの絆遠藤允あけび書房1995BM
麻意ね、死ぬのがこわいの 死を問い生を見つめた少女石黒美佐子立風書房1993BM
陽介、パパがついてるぞ西田修かもがわ出版1992916ヨ
リカに命をわけてください 白血病で逝った14歳の少女の記録宇津木澄講談社1979916リ
ページ先頭へもどる

14 「骨腫瘍 骨肉腫」

書名著(編)者出版社出版年請求記号
青空、ついて来い!熊谷真実新潮社1998916アオ
珠子(たまこ)十歳のれくいえむ ガン(骨肉腫)と闘って燃えつきたわが娘との9か月飯田由紀子一光社1982916タ
翼は心につけて ガンと闘って死んだ十五歳の少女が教えてくれたこと関根庄一一光社1977916ツ
ママ、ぼくの病気はガンなの?杉本要吉毎日新聞社1970916マ
若きいのちの日記 愛と死の記録大島みち子大和書房1970916ワ
ページ先頭へもどる

15 「その他のがん」

書名著(編)者出版社出版年請求記号
がん闘争一勝一敗(下咽頭がん)坂重夫海越出版社1997916サカ
がんと闘った七年六か月 致子はなごよみ 病歴と闘病の日記(卵巣のう腫 がん)市尾致子紀元社出版1981916ガ
がん病床からの生還(上顎がん)三宅泰雄新日本出版社1981916ガ
さよなら恵子、二十一歳 ガンで逝った岩田恵子さんの感動の記録(がん 血管肉腫)菅原有一秋元書房1982916サ
先生、私のガンは治るの? 愛と憎しみの極限を生きた四年(子宮頸がん)新堂のぶ子祥伝社1992916セ
妻よ、お前の癌は告知できない(子宮肉腫)上田哲講談社1998BM
わが闘争わが闘病(肺炎 直腸がん)大森実講談社2003916オオ
鳳啓助のポテチン闘病記(腺がん)鳳ハマ子毎日新聞社1994BM
オレは陽気ながん患者 心筋梗塞もやったぜ!(膀胱がん)山中恒ベストセラーズ1995BM
片目を失って見えてきたもの(悪性黒色腫)ピーコサンマーク出版1999BM
生きてん母ちゃん 14人の子の母がん闘病記(がん)女性セブン「生きてん母ちゃん」取材班小学館1980916イ
痛みと闘う(がん)清原迪夫東京大学出版会1979490.4イ
命(がん)柳美里小学館2000916ユウ
お父さんがいるって嘘ついた ガン・闘病から死まで、遺族たちの心の叫び(がん)あしなが育英会広済堂出版1997916オト
ガンを告げる瞬間(とき)(がん)内橋克人講談社1993B916ガ
癌家族 運命に感謝できますか?(がん)根岸康雄リヨン社2000916ネキ
がんと闘ったスターたち(がん)肥留間正明全国朝日放送1993BM
ガンのある日常 体験者18人のいのちの力(がん)影山和子NTT出版2003BM
奇跡のごとく 患者よ、がんと闘おう(がん)中島みち文藝春秋1999916ナカ
告知せず ガンで夫との愛の深さを知った妻たちの四季(がん)山内喜美子文藝春秋1991BM
子どもたちよ、ありがとう(がん)平野恵子法蔵館1990BM
去り逝くひとへの最期の手紙 がん死の日々、6組の夫婦の愛の証し(がん)上之二郎集英社1996BM
四十でがんになってから(がん)岸本葉子講談社2006BM
16歳の涙(がん)Etsuko文芸社2000BM
新・がん50人の勇気(がん)柳田邦男文藝春秋2009916ヤナ
真紅のバラを37本(がん)高橋穏世新声社1983916シ
そして妻は「ハッピーっ」と言い遺して逝った (がん)周郷顕夫主婦の友社2005BM
高見順闘病日記 上・下(がん)高見順岩波書店1990B915.6ト
妻と僕 寓話と化す我らの死(がん)西部邁飛鳥新社2008BM
人は死ねばゴミになる 私のがんとの闘い(がん)伊藤栄樹新潮社1988916ヒ
ホスピスに行こう(がん)村田幸子悠々社1999916ムラ
病理所見書をください 大学病院で死んだ夫の真実(がん)村野民子河出書房新社1995BM
へこんでも 25歳ナツコの明るいガン闘病記(がん リンパ腫)多和田奈津子新潮社2002BM
ページ先頭へもどる

[ このページに関するお問い合わせ先 ]

埼玉県立久喜図書館 自然科学・技術資料担当 Tel:0480-21-2659 Fax:0480-21-2791 E-mail:kuki-sizen@lib.pref.saitama.jp