新編埼玉県史 通史編4 近世2  本文目次

口絵
序
凡例

序章………………………………………………………………………………………………………………… 1
第一章 近世中・後期における幕政と藩政
 第一節 幕府施策の推移と埼玉……………………………………………………………………………… 25
   一 近世中・後期の県域支配状況……………………………………………………………………… 25
   二 三卿設置と大名転封………………………………………………………………………………… 31
       三卿の設置と三卿領  大名の転封と領地替え  大名飛地の推移
   三 新田開発
   (一)武蔵野新田の開発………………………………………………………………………………… 45
       新田開発の決定  武蔵野の分割  停滞する開発  川崎平右衛門登用の背景
       川崎の新田安定化策  養料金・溜雑穀制度の成立
   (二)荒川扇状地の開発………………………………………………………………………………… 74
       櫛挽野新田開発  本田原の開発
   (三)見沼新田及び諸沼の開発………………………………………………………………………… 91
       見沼開発の背景  見沼の開発  諸沼の開発
   四 河川用水の管理と整備……………………………………………………………………………… 105
   (一)河川用水の管理…………………………………………………………………………………… 105
       幕府の河川管理と四川奉行  勘定奉行の河川支配  定掛場の設定
       御入用普請  御手伝普請  国役普請  自普請と組合
   (二)用悪水路の整備…………………………………………………………………………………… 114
       葛西用水の整備  亀有溜井の廃止と葛西用水の分離  用水組合
       悪水組合  備前渠用水の管理  九郷用水の管理  見沼代用水
       路の開削  分水路の整備
   五 鷹場の再開…………………………………………………………………………………………… 135
       将軍家鷹場  鷹場と鳥見役  鷹匠の職務と村の負担  餌指と犬牽
       捉飼場と野廻り  御三家鷹場  御三家鷹場定法  御鷹野取締りと治安
       文政改革と鷹場

 第二節 幕府直轄領…………………………………………………………………………………………… 163
   一 幕府直轄領の管理…………………………………………………………………………………… 163
       地方支配の機構改革  関東郡代伊奈氏の改易  支配強化と代官所新設
   二 幕府直轄領の推移…………………………………………………………………………………… 174
       幕府直轄領の分布と推移  支配代官の分担区域

 第三節 旗本知行所…………………………………………………………………………………………… 188
   一 旗本知行所の推移…………………………………………………………………………………… 188
       旗本知行所の分布と推移  享保〜寛政期における動向
       文化〜幕末期における動向
   二 旗本財政と村々の対応……………………………………………………………………………… 206
       旗本財政の窮乏  さまざまな財政補填政策  旗本曽雌氏の財政と知行所村々
       文化期・文久期の曽雌氏の財政計画  旗本松崎氏と知行所村々
       旗本細井氏と知行所村々  金主と旗本借財の請負
       旗本財政をめぐる知行所村々の要求
   三 近世後期旗本知行所をめぐる諸問題……………………………………………………………… 235
       旗本支配の特質  旗本用人の糾弾  用人の出自と性格  相給村落の諸問題
       越石をめぐる争論  幕末・維新期知行所をたよる旗本

 第四節 諸藩…………………………………………………………………………………………………… 254
   一 川越藩………………………………………………………………………………………………… 254
       秋元氏の政治  松平大和守家の川越入封  家臣団の構成と相州警備
       三方領知替え  幕末の動乱と前橋移城  松平康英の入封
   二 忍藩…………………………………………………………………………………………………… 279
       忍藩領の支配  近世中期の藩主と藩政  災害と一揆のなかの藩
       阿部氏の転封と松平氏の忍入封  文政期松平氏の藩政
       松平氏所領の推移
   三 岩槻藩………………………………………………………………………………………………… 301
       永井氏の治世  大岡忠光の出世と岩槻入封  大岡氏の代々
       家臣団の構成  所領支配の機構  藩領の推移  支配と藩財政
   四 岡部藩………………………………………………………………………………………………… 323
       近世中期の岡部藩主  藩領と年貢収納  大坂城加番と藩主
       高島秋帆の岡部陣屋幽閉  幕末期の藩内抗争

第二章 農業経営の変化と商品流通
 第一節 農業の発展と経営の変化…………………………………………………………………………… 339
   一 江戸時代中・後期農業の特色……………………………………………………………………… 339
       小農の変質  支配機構と小農  商品作物の増大と小農
   二 主穀生産と農業経営……………………………………………………………………………………345
       主穀生産中心の農業  米作地久下戸村の農業生産  豪農奥貫家の経営
   三 畑作地農業の発展…………………………………………………………………………………… 259
       畑作農業の変化  農書にみる畑作農業  大宮台地の農業経営例

 第二節 商品流通の発展……………………………………………………………………………………… 374
   一 在方市の変貌………………………………………………………………………………………… 374
       在方市の変質と特産物市の発達  市場争論と在郷商人
       在郷町の発達と城下町
   二 全国的流通機構の確立と在郷商人………………………………………………………………… 387
       全国的流通機構の確立  在郷商人の台頭  江戸問屋と在郷商人の争い
   三 商品生産の発展……………………………………………………………………………………… 396
       秩父絹と川越平  岩槻木綿と青縞  川口の鋳物  伸銅業と八王子石灰
       小川和紙  西川材  狭山茶  柿渋  紅花  藍玉  酒造業

 第三節 舟運の発達…………………………………………………………………………………………… 434
   一 舟運政策の展開……………………………………………………………………………………… 434
       享保期以降の川船改め  明和・安永期の河岸吟味  川越藩と舟運政策
   二 江戸後期の舟運……………………………………………………………………………………… 445
       見沼通船  見沼通船と文政改革  年貢米の輸送  奥川積問屋と河岸場
       河岸場の発展とその後背地  河岸場争論
   三 筏と肥船……………………………………………………………………………………………… 467
       筏の流送  肥船

第三章  農村の疲弊と社会の動揺
 第一節 農村の変貌と動揺…………………………………………………………………………………… 477
   一 荒廃する農村と復興策……………………………………………………………………………… 477
       変貌する農村  減少する農村人口  忍藩領大塚村の潰百姓
       幕藩領主の対応策  豪農吉田家の農村復興策  笠原村の報徳仕法
   二 豪農の成立と村落…………………………………………………………………………………… 499
       農民階層の分化  甲山村豪農根岸家の経営
       上金崎村土生津家の家守小作と米穀販売  上名栗村町田家の山林経営
       下奈良村吉田家の江戸進出
   三 農間余業の増加……………………………………………………………………………………… 520
       諸稼ぎの展開  農間余業調査の実施  調査に現れた余業

 第二節 伝馬負担の増大と宿・助郷………………………………………………………………………… 534
   一 公用通行の増大とその実態………………………………………………………………………… 534
       公用通行の増大  公用通行と宿の対応  参勤交代通行  宿場
       財政  宿場助成としての飯盛旅籠  人馬賃銭の割増し  脇往還と馬継場
   二 臨時大通行…………………………………………………………………………………………… 560
       日光社参  姫君婚姻下向
   三 助郷と助郷争論……………………………………………………………………………………… 564
       助郷制度の確立  助郷人馬勤め  雇替勤め  助郷差村争論
       助郷争論と宿  伝馬制度の終焉

 第三節 災害の続発と村々…………………………………………………………………………………… 576
   一 大水害と河川の修復………………………………………………………………………………… 576
       水害の多発  宝永元年・寛保二年の水害  宝暦〜天明期の水害
       寛政以後の水害  浅間山噴火と備前渠  被災者の救助と褒賞
   二 治水をめぐる争論…………………………………………………………………………………… 593
       備前堤と中条堤をめぐる争論  荒川右岸大囲堤をめぐる争論
       荒川左岸大囲堤をめぐる争論  島川門樋繰下げ争論
   三 水不足をめぐる争論………………………………………………………………………………… 604
       旱魃と村びと  都幾川用水引入れ争論  八条領水引争論
       見沼代用水の水論  荒川四堰の水論
   四 安政大地震…………………………………………………………………………………………… 622
       安政大地震の被害  幕府の対応

 第四節 社会の動揺とその対応……………………………………………………………………………… 620
   一 村方騒動と一揆・打ちこわし……………………………………………………………………… 630
       続発する訴願  中山道伝馬騒動  天明一揆の波及
       日常化する村方騒動  天保の打ちこわし
   二 治安取締りと組合村の設置………………………………………………………………………… 660
       風俗取締りと触書  治安取締りの強化  関東取締出役の設置
       文政改革組合村の設置

 第五節 身分差別の強化……………………………………………………………………………………… 671
   一 部落支配と役目……………………………………………………………………………………… 671
       近世後期部落の概況  部落の支配と構造  部落の役目
   二 部落の負担と生活…………………………………………………………………………………… 678
       土地の所持と貢租  浅草役所の諸負担  仕事と産業
   三 部落に対する規制…………………………………………………………………………………… 689
       生活上の規制  仕事上の規制
   四 部落解放の動き……………………………………………………………………………………… 693
       差別事件と抵抗  解放への胎動

第四章 幕末期の政治と社会
 第一節 江戸湾防備と県内諸藩……………………………………………………………………………… 709
   一 外圧と海防策の進展……………………………………………………………………………………709
       寛政〜文化期の川越藩の海防  川越藩の海防助役  サラセン号の来航
   二 江戸湾防備の強化と川越藩・忍藩………………………………………………………………… 717
       天保十三年以降の防備  ピッドルの来航  弘化四年以降の防備
   三 ペリー来航と台場警備……………………………………………………………………………… 732
       ペリーの来航  品川台場の警衛  ペリーの再来  岩槻藩の沿岸警備
       台場警備のその後

 第二節 開国による政局の変動と埼玉県域………………………………………………………………… 741
   一 ペリー来航後の政局の変動………………………………………………………………………… 741
       ペリー来航と幕府の対応  人材登用  日米和親条約と安政改革
       貿易開始の方針  将軍継嗣問題
   二 庶民負担の増加……………………………………………………………………………………… 749
       開港前夜  ペリーの来航と庶民  農民負担  増税
       助郷負担の増加  徳丸原の砲術練習
   三 貿易の開始とその影響……………………………………………………………………………… 766
       安政の開港と村々  物価騰貴と農村負担の増大  安政の村方騒動
   四 政変と県域の村々…………………………………………………………………………………… 776
       桜田門外の変と庶民  和宮の下向と村々  幕政の転換と村々
       天狗党の乱と県域  長州征伐と村の負担
   五 兵賦と農兵…………………………………………………………………………………………… 795
       兵賦  農兵
   六 尊攘運動と草奔……………………………………………………………………………………… 798
       尊攘運動の開始と県域の動向  高揚する尊攘運動と県域の草奔
       倒幕運動と草奔の活動  草奔の行方

 第三節 世直しの行動と思想………………………………………………………………………………… 823
   一 武州世直し一揆の展開……………………………………………………………………………… 823
       武州世直し一揆  発端の地-名栗・我野  飯能・所沢・引又・与野の動向
       坂戸・小川周辺における打ちこわし  松山町・川島領及びその周辺の動向
       寄居・児玉・本庄方面の動向  秩父地域における打ちこわし
   二 幕府の消滅と世直し………………………………………………………………………………… 846
       羽生陣屋の構築  銃隊取立と農民の反対運動  岩鼻代官所の崩壊
       村役人罷免の動き  質騒動  施金・融通金の強要
       羽生周辺の打ちこわし  旗本神谷氏殺害事件  世直し層への対応

第五章 宗教と庶民信仰
 第一節 近世中・後期の諸宗派の動向……………………………………………………………………… 871
   一 檀林寺院の活動……………………………………………………………………………………… 871
       檀林  浄土宗の檀林  浄土宗檀林の教学  天台宗の檀林
       天台宗檀林の教学  真言宗の檀林  植田谷林光寺の新談林昇格
   二 寺格昇格への動き…………………………………………………………………………………… 881
       県域寺院の宗派別分布  門徒寺院の末寺昇格  院室兼帯寺院の増加

 第二節 県内諸神社の動向…………………………………………………………………………………… 893
   一 有力神社の動向……………………………………………………………………………………… 893
       神社の経済活動  氷川神社  三峰神社  社格取得の努力
   二 神社の新立と勧請…………………………………………………………………………………… 911
       領主・有徳者の祭祀  流行神の勧請と稲荷・伊勢信仰
   三 寺請制度と神職離檀……………………………………………………………………………………923

 第三節 教派神道の成立……………………………………………………………………………………… 927
   一 不二道………………………………………………………………………………………………… 928
       富士講  小谷三志と不二道  富士講への批判と弾圧
   二 御岳信仰……………………………………………………………………………………………… 932
   三 本県輩出の神道家…………………………………………………………………………………… 935

 第四節 庶民信仰……………………………………………………………………………………………… 937
   一 札所と開帳…………………………………………………………………………………………… 937
       札所  開帳  富籤の興行
   二 絵馬・掲額の流行…………………………………………………………………………………… 944
       絵馬・掲額  埼玉の寺社と絵馬
   三 伊勢まいり…………………………………………………………………………………………… 946

第六章 教育と文化
 第一節 藩校の設置…………………………………………………………………………………………… 951
   一 川越藩校……………………………………………………………………………………………… 952
       藩校設置以前の教学  藩士の勉学  教学振興  藩校講学所の創設
       諸稽古と稽古場の設置  松平周防守の藩学
   二 忍藩校………………………………………………………………………………………………… 966
       歴代忍藩主の好学  松平忠和・忠翼の教学  藩学創設
       忍転封と藩学再開  培根堂・洋学館・国学館の開設
   三 岩槻藩校……………………………………………………………………………………………… 978
       藩主大岡氏と教学  家塾遷喬館の創設  遷喬館の藩校への移行
       藩校勤学所の教育
   四 岡部藩校……………………………………………………………………………………………… 989
       岡部藩陣屋  藩校設立と推移  岡部陣屋の藩士教育
       学聚館・偃武館と家塾  学聚館の教育
   五 郷学…………………………………………………………………………………………………… 993
       遷善館  戩穀堂

 第二節 寺子屋と私塾………………………………………………………………………………………… 1003
   一 寺子屋………………………………………………………………………………………………… 1003
       時代的背景と分布  寺子屋の経営と維持  師匠と寺子  教育内容
       教育方法  就学者
   二 私塾…………………………………………………………………………………………………… 1031
       郷学的特色ある私塾  漢学塾  国学塾  算学塾  武道塾

 第三節 文人の往来と地域の文化活動……………………………………………………………………… 1057
   一 江戸の学者文人の遊歴……………………………………………………………………………… 1057
       建部涼袋  鈴木荘丹  常世田長翠  海保青陵  橘守部
       平田篤胤  寺門静軒  そのほかの遊歴文人
   二 転封による学者文人の移住………………………………………………………………………… 1070
       沼田順義  尾高高雅  保岡嶺南  児玉南柯  黒沢翁満
       芳川波山
   三 埼玉の地から出ていった学者文人………………………………………………………………… 1077
       江戸への遊学  庶民の学問  塙保己一  そのほかの江戸遊学者一覧

 第四節 諸学・諸芸の興隆…………………………………………………………………………………… 1084
   一 書籍の普及とその収集・利用……………………………………………………………………… 1084
       奥貫家の蔵書  野中家の蔵書  蔵書の貸出し
   二 民間の文芸…………………………………………………………………………………………… 1094
       庶民文芸の入口  俳諧人口の増大  俳諧が培養したもの
       文芸批判
   三 実学の発展…………………………………………………………………………………………… 1105
       心学  地誌の編さん  考古学の胎動  算学の発展  算額  農書
   四 埼玉の医学…………………………………………………………………………………………… 1118
       芳川波山  河津省庵  本庄普一  小室元長  伊古田純道
       岡田静安  権田直助  根岸友山  清水直

 第五節 近世後期の美術……………………………………………………………………………………… 1128
       渡辺崋山と三ヶ尻竜泉寺  郷土画人の活躍  川越刀工の隆盛
       社寺建築の繁栄

あとがき…………………………………………………………………………………………………………… 1141


ページ先頭へもどる
[ このページに関するお問い合わせ先 ]
埼玉県立熊谷図書館 地域・行政資料担当
Tel: 048-523-6291 Fax: 048-523-6468 E-mail: kuma-kyodo@lib.pref.saitama.jp