阪本是丸/編 -- 弘文堂 -- 2006.10 -- 175.1

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
熊谷 貸閲公開 /175.1/コツ/ 101799138 一般和書 帯出可 在館中
※外部書庫の資料につきましては取り寄せとなるため、お時間がかかります。

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
熊谷 1 0 1

資料詳細

タイトル 国家神道再考 
書名カナ コッカ シントウ サイコウ 
副書名 祭政一致国家の形成と展開
副書名カナ サイセイ イッチ コッカ ノ ケイセイ ト テンカイ
叢書名 久伊豆神社小教院叢書
叢書名カナ ヒサイズ ジンジャ ショウキョウイン ソウショ
著者 阪本是丸 /編  
著者カナ サカモト,コレマル
出版者 弘文堂
出版年 2006.10
ページ数 412,7p
大きさ 22cm
一般件名 神道
NDC分類(9版) 175.1
内容紹介 国家神道とは何だったのか。國學院大學に関係する若手研究者が結集して、近世・近代における「国家と祭祀」「祭政一致」に関して歴史的に追究。国家神道論に新たな礎を築く学究的論文集。
ISBN 4-335-16047-X
特定資料種別 一般和書
内容注記 内容: 神籬磐境考 / 西岡和彦著,近世に於ける祭政一致思想の展開 / 松本丘著,近代神宮への道程 / 中野裕三著,幕末維新期における祭政一致観 / 星野光樹著,国学者における教化思想の諸相 / 中村聡著,上地事業における境内外区別 / 河村忠伸著,明治八年大教院の解散と島地黙雷 / 戸浪裕之著,帝国憲法成立期における祭教分離論 / 齊藤智朗著,明治末期における神社整理と井上友一 / 藤本頼生著,国家的神道と国民道徳論の交錯 / 宮本誉士著,国家神道体制成立以降の祭政一致論 / 藤田大誠著

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
神籬磐境考 西岡和彦/著
近世に於ける祭政一致思想の展開 松本丘/著
近代神宮への道程 中野裕三/著
幕末維新期における祭政一致観 星野光樹/著
国学者における教化思想の諸相 中村聡/著
上地事業における境内外区別 河村忠伸/著
明治八年大教院の解散と島地黙雷 戸浪裕之/著
帝国憲法成立期における祭教分離論 齊藤智朗/著
明治末期における神社整理と井上友一 藤本頼生/著
国家的神道と国民道徳論の交錯 宮本誉士/著
国家神道体制成立以降の祭政一致論 藤田大誠/著