黒住真/編著 -- 春秋社 -- 2007.3 -- 121.04

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
熊谷 貸閲公開 /121.04/シソ/ 101864023 一般和書 帯出可 在館中
※外部書庫の資料につきましては取り寄せとなるため、お時間がかかります。

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
熊谷 1 0 1

資料詳細

タイトル 思想の身体  徳の巻
書名カナ シソウ ノ シンタイ  トクノマ
著者 黒住真 /編著  
著者カナ クロズミ,マコト
出版者 春秋社
出版年 2007.3
ページ数 292p
大きさ 20cm
一般件名 日本思想
NDC分類(9版) 121.04
内容紹介 日本人の倫理観において、現在で最も忘れられ、最も必要とされる思想、「徳」のダイナミズムを明らかにする。立ち居振る舞いから、職人の姿勢まで、身体に現れる徳とは何か。注目のシリーズ第8弾。
ISBN 4-393-33252-0
特定資料種別 一般和書
内容注記 内容: 人において徳とはなにか / 黒住真著,徳と秩序の神義論 / 福井裕之著,日本仏教における「徳」をめぐって / 頼住光子著,庶民社会における「徳」 / 田尻祐一郎著,共同的なる徳とカリスマの表象 / 趙寛子著,鼎論 人間における徳 / 竹内整一, 宮本久雄, 黒住真述

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
人において徳とはなにか 黒住真/著
徳と秩序の神義論 福井裕之/著
日本仏教における「徳」をめぐって 頼住光子/著
庶民社会における「徳」 田尻祐一郎/著
共同的なる徳とカリスマの表象 趙寛子/著
鼎論 人間における徳 竹内整一/述