摂河泉古代寺院研究会/編 -- 塙書房 -- 2002.6 -- 188.212

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
熊谷 貸閲書庫 /188.212/キヨ/ 101120814 一般和書 帯出可 在館中
※外部書庫の資料につきましては取り寄せとなるため、お時間がかかります。

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
熊谷 1 0 1

資料詳細

タイトル 行基の考古学 
書名カナ ギョウキ ノ コウコガク 
著者 摂河泉古代寺院研究会 /編  
著者カナ セッカセン コダイ ジイン ケンキュウカイ
出版者 塙書房
出版年 2002.6
ページ数 144p
大きさ 27cm
一般件名 大阪府 遺跡・遺物
NDC分類(9版) 188.212
内容紹介 考古学から行基の実像を明らかにする。従来、文献史学や歴史地理学の分野での検討が主だった行基に関して、考古学的に行なわれた初のフォーラム「行基の生涯を考古学する」の論文集。
ISBN 4-8273-1176-5
特定資料種別 一般和書
内容注記 内容: 行基関連遺跡の発掘調査 大野寺を考古学する / 近藤康司著,山城国山崎院と人名瓦 / 林亨著,土塔について 行基と頭塔に接点はあるか / 岩永省三著,土塔再考 / 森村健一著,行基時代の土木技術 行基と狭山池 / 有井宏子著,「知識瓦」の意義 奈良時代の文字瓦 / 上原真人著,行基の宗教活動とその考古資料 / 坪之内徹著,行基の死と墓をめぐって 行基の墓と墓誌 / 大脇潔著,行基伝承の遺跡 行基の足跡をめぐって / 竹原伸仁著,中南河内の行基関連寺院 / 上田睦著

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
行基関連遺跡の発掘調査 大野寺を考古学する 近藤 康司
山城国山崎院と人名瓦 林 亨
土塔について 行基と頭塔に接点はあるか 岩永 省三
土塔再考 森村 健一
行基時代の土木技術 行基と狭山池 有井 宏子
「知識瓦」の意義 奈良時代の文字瓦 上原 真人
行基の宗教活動とその考古資料 坪之内 徹
行基の死と墓をめぐって 行基の墓と墓誌 大脇 潔
行基伝承の遺跡 行基の足跡をめぐって 竹原 伸仁
中南河内の行基関連寺院 上田 睦