メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
埼玉県立図書館 あなたの調べるを応援します

ホーム利用案内施設案内> 熊谷図書館浦和分室施設案内

熊谷図書館浦和分室施設案内

浦和分室は埼玉県立図書館資料の閲覧、貸出、返却等の窓口です。
図書資料や新聞、雑誌、視聴覚資料は所蔵しておりません。

  • 郵便番号、住所、電話、FAX番号
    〒330-0063 さいたま市浦和区高砂4-3-18埼玉県立文書館1階 TEL:048-844-6165 FAX:048-844-6166
  • 開室日、開室時間
    火曜日から日曜日まで 午前9時から午後5時まで
  • 休室日
    毎週月曜日、祝日
    年末年始(12月29日から1月3日まで)
    文書館の月末館内整理日
    毎月第4金曜日(祝日の場合は、前日も休室日となります)
  • 浦和分室サービス案内

アクセス地図

浦和分室詳細地図.png

最寄駅:JR浦和駅(京浜東北線・高崎線・宇都宮線・湘南新宿ライン)
道順:浦和駅西口を出て県庁に向かって歩き、県庁を通り過ぎて国道17号を渡ります。(徒歩12分)

バス:浦和駅から国際興業バスで「県庁前」下車徒歩3分です。

(参考)国際興業バスホームページ(外部サイトにリンク)

浦和分室の駐車場はありません。

施設の御案内

浦和分室のサービスについては浦和分室サービス案内を御確認ください。

    • カウンター
      利用登録、貸出・返却・複写の受付を行っています。
    • 閲覧席(4席)
      分室内で閲覧するための閲覧席です。
      自分のパソコンの持込み利用が可能です。(電源を用意してありますが、インターネット接続設備はありません。)
      注:閲覧席では、図書館資料利用を伴わない自習等の席利用はできません。
    • 複写機(1台)
      著作権法の範囲内で図書館資料の複写(有料)ができます。
      (サービス案内-複写する)
    • 蔵書検索用端末(1台)
      県立図書館の蔵書の検索、予約ができます。
    • データベース用端末(1台)
      商用データベース6種を利用できます。
      (ヨミダス歴史館、日経テレコン21、市場情報評価ナビMieNa、whoplus、官報情報検索サービス、magazineplus)
      浦和分室は埼玉県立図書館資料の閲覧、貸出、返却等の窓口です。図書資料や、新聞雑誌、視聴覚資料は所蔵しておりません。

      浦和分室利用案内

      図書館カードを作る

      資料のお取り寄せ、貸出には図書館カードが必要です。図書館カードは浦和分室でも発行できます。

      埼玉県内に在住・在勤・在学の方が登録できます。 住所が確認できるものをお持ちください。(運転免許証、保険証など)

      資料を取り寄せる

      浦和分室では資料を所蔵しておりません。埼玉県立図書館の資料を取り寄せてご利用いただけます。
      分室内の検索端末やご自宅のインターネット、携帯端末から所蔵資料を検索・予約できます。

      一部、お取り寄せできない資料があります。

      • 新聞、住宅地図・ブルーマップ、マイクロフィルム等
      • 埼玉県立図書館所蔵資料以外の資料

      資料を閲覧する・借りる

      取り寄せた資料は分室内で閲覧したり、借りることができます。

      貸出点数

      • 図書、雑誌(10冊まで)
      • CD、DVD、ビデオ等(5点まで)

      貸出期間

      • 15日間

      資料を返す

      浦和分室カウンター以外に、熊谷、久喜の県立図書館でも返却できます。分室が閉まっているときは、県庁職員会館前のブックポストをご利用ください。

      浦和分室のブックポスト.pdf (PDF:348.0 KB)

      郵送等で返却したい方は

      熊谷・久喜の県立図書館へお願いします(有料)。詳しくは「郵送返却(有料)のご案内」をご覧ください。

      遠隔地返却

      県立図書館の資料を県内市町村立図書館等で返却できるサービスです(熊谷市、久喜市は対象外)。 詳しくは「遠隔地返却のご案内」をご覧ください。

      複写する

      取り寄せた資料は分室でコピーできます。(ご自分の資料はコピーできません。)
      料金は白黒(全サイズ)1枚10円、カラー(全サイズ)1枚30円です。

      データベースを利用する

      • 商用データベース(ヨミダス歴史館、日経テレコン21、市場情報評価ナビMieNa、whoplus、官報情報検索サービス、magazineplus)の検索、閲覧、複写(有料)ができます。(データベース紹介)
      • 埼玉関係データベース(埼玉関係雑誌記事索引データベース、埼玉新聞記事見出し索引データベース、埼玉関係人物文献索引データベース)が利用できます。なお、埼玉関係データベースは、当館ウェブサイトで公開しておりますので、ネット環境さえあれば、ご来室いただかずに利用することができます。