メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
埼玉県立図書館 あなたの調べるを応援します

ホーム分野別ガイド資料保存~未来へつながる保存の技術~> 修理の技術

修理の技術

修理の原則

  • 資料の原形(オリジナル)を尊重
  • 安全な材料を使う
  • 可逆性(元に戻せる修理)
  • 本の構造を理解し、機能の回復を目指します。
  • 修理は本に負担がかかる行為です。利用のための必要最小限の修理を心がけます。
  • 固く、強固に治す必要はありません。軟らかく仕上げることが長持ちの秘訣です。
  • 利用するかぎり、何度も壊れる可能性があります。やり直しができる修理を行います。
  • 誤った修理は、次の破損につながります。常に次に修理する時のことを考えて修理方法を選択します。

大事なことは、何を(優先順位)、どのように(方法)治すのかです。

基本的な材料

化学的に安定している安全な材料(= 酸性ではなく中性の素材)を使います。材料は、和紙とでんぷん糊が基本です。

修理に使う紙

和紙(楮紙)

厚さは4種類(厚・中厚・薄・極薄)程度あるといいでしょう。

中性紙

【用途】見返しや背表紙修理用のクータに使います。

ポイント

  • 和紙はしなやかで丈夫。繊維がながく洋紙にもなじみやすい。
  • 和紙も中性紙も紙の目に注意(タテ目が基本)。

修理に使う糊

でんぷん糊【用途】

ページなど本体の修理

化学糊(木工用接着剤)

【用途】背・表紙と本体の合体や表紙貼り

混合糊(でんぷん糊2~3+化学糊1)

【用途】厚みのある紙やアート紙など

ポイント

  • 3種類の糊を用途にあわせて使い分けます。
  • 必要な濃さに水で薄めて使用します。
  • 薄く(濃さ)、薄く(厚さ)が柔らかく仕上げるコツです。

注:糊を原液そのままで使うことはほとんどありません。

糊の性質の違い

でんぷん糊 化学糊(木工用接着剤)
・化学的に安定している
・水ではがすことができやり直し可能
・軟らかく仕上がる
・接着力が弱い
・乾くのに時間がかかる
・酸性
・乾くときれいにはがせない
・硬くなる
・接着力が強い
・速乾性がある

その他の材料

・裏打ちキャラコ(または寒冷紗)
・糸(麻糸・木綿糸・絹糸など)

修理に使う道具

特別なものを調達するのではなく、身近にあるもので工夫できます。

平筆(油絵用など) こしの強い筆がよいです。大きさが数種あると修理箇所で使い分けできます。
カッターナイフ 刃はこまめに折ります。切れない刃は失敗の原因になります。
金定規(30cm以上) カッターを当てて切る作業が多いため、なるべく傷つきにくい金定規を使います。
カッターマット A3以上で目盛があると採寸に便利です。
重し 漬け物石(5kgぐらい)が丁度良いです(仕上がりの要)
締め板(厚さ1cm以上)2枚セット 版画用の板、合板など
目打ち 穴あけ・折り筋・寸法をはかるなど用途で使います。
水に濡らし固く絞った布巾 修理箇所の余分な糊をとったり、適度な湿り気を与えます。
針(製本針、ふとん針) 糸で綴じ治す時に使用します。
編み棒(4号) 背表紙の修理の際などに使用します。
紙やすり(#240) ページ修理の仕上げや、劣化し固着した化学糊を除去する時などに使用します。

修理の実際

1. 基本をおさえ、2. 正しい方法を知って、3. 経験を重ねる

  • あせらずに時間をかける
  • 軟らかい仕上がりのために、糊はうすく
  • 紙をはったら、よく押さえる
  • 糊がはみでたら、ふく
  • 一ヶ所作業したら、乾くまで待って、次の工程へ
  • 形を整え締め板で挟み、乾くまで重し(プレス)で押さえる

配布チラシ・パンフレット

きほんのき

修理の材料や道具、基本的な修理方法について、イラスト付きで分かりやすくまとめたチラシです!(PDF形式)

その1 本のなりたち
きほんのき1
その2 とりあつかい
きほんのき2
その3 道具のこと
きほんのき3
その4 材料のこと
きほんのき4
その5 やぶれをなおす
きほんのき5
その6 かたちをなおす
きほんのき6
その7 ページがとれたら
きほんのき7
その8 ページがとれたら2
きほんのき8
その9 表紙がはずれたら
きほんのき9
その10 ステップアップ
きほんのき10
プラス1 平綴じ
きほんのきプラス1

リンク・ステッチ

糸綴じ本の糸が切れたときの修理の技術、一本の糸で折丁をかがる「リンク・ステッチ」をご紹介します。(PDF:818KB)