メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
埼玉県立図書館 あなたの調べるを応援します

ホーム利用案内障害のある方へのサービス案内> バリアフリー読書(障害者サービス)のご案内

バリアフリー読書(障害者サービス)のご案内

埼玉県立図書館では、心身障害や高齢などの理由で、活字による読書に困難のある方のために、次のようなサービスを行っています。

  1. 利用できる方
  2. 資料の種類
  3. 利用方法
  4. リクエスト
  5. 目録
  6. 対面朗読
  7. デイジー図書再生機の操作説明
  8. 利用の申し込み・問い合わせ先
  9. 利用時間

1 利用できる方

埼玉県内に居住あるいは通勤・通学している、活字による読書に困難のある方はどなたでも無料で利用できます。

初めて利用される方は登録が必要です。登録は、来館・電話・手紙等、いずれの方法でもお受けします。氏名・生年月日・住所・電話番号・点字の可否などをおうかがいします。

2 資料の種類

ご利用いただける資料は以下のとおりです。詳細は、障害者サービスのための資料とバリアフリーの施設設備のページをご覧ください。

  • 録音図書・雑誌(音声デイジー、カセットテープ)
  • マルチメディアデイジー
  • 点字図書・雑誌、点字データ
  • 布の絵本(学校や団体のみが対象です)

※音楽CDの郵送も行っています。音楽CDについては(熊谷048-523-6291 久喜0480-21-2659)までお問い合わせください。

3 利用方法

(1)貸出申込

希望する資料を、電話、メールまたは手紙(点字でも可)でお知らせください。視覚に障害のある方へは郵送で貸出します。郵送料は無料です。

視覚障害以外の方には、お住まいの市町村立図書館の窓口からも貸出をしています。送料をご負担いただければ、自宅への郵送もできます。詳しくは、郵送貸出サービス(有料)のご案内のページをご覧ください。

(2)貸出点数

一度に利用できる図書は原則として10点以内です。雑誌(録音、点字)は貸出できる点数に制限はありません。

(3)貸出期間

貸出期間は郵送にかかる日数を除き15日以内です。延長を希望される場合はご連絡ください。

点字雑誌は順番に貸出しますので、お早めにお返しください。

(4)返却

視覚に障害のある方は、宛名カードを裏返して郵便で送り返してください。宛名カードには裏面に点字表記がされています。視覚障害以外の方は、貸出を受けた図書館の窓口か、当館に郵送で返却してください。

録音資料に音声不良等がありましたら、お手数ですがご連絡ください。

4 リクエスト

書名や著者名などがはっきりしていない場合も資料をお探ししています。希望する資料が当館にない場合は、他館から借り受けて提供しています。

録音図書は新たに製作することも可能です。お気軽にお問い合わせください。

5 目録

久喜図書館で作成・購入したバリアフリー読書(障害者サービス)用資料の目録を年に1回発行しています。また、県内の公共図書館が作成した資料をまとめた目録を年に2回発行しています。

目録は墨字・デイジー・点字・テープ・CD等のメディア・メール版を製作しています。ご希望のものを送付しますのでご連絡ください。

詳しくは、資料目録のページをご覧ください。

6 対面朗読

久喜・熊谷図書館で対面朗読を行っています。図書館の対面朗読室で、音訳者がご希望の図書などをお読みします。すぐに読みたいものがある時や、調べ物をする時、図の説明を詳しく受けたい時などにご利用ください。

お申し込みはご利用になりたい日の3日前までにお願いします。

7 デイジー図書再生機の操作説明

デイジーを初めてお使いになる方を対象に、専用の再生機を1か月の間、貸出しています。予約のうえご来館いただければ、実際に再生機を操作しながら説明をします。

ご本人以外のご家族や支援者への説明も可能です。下記の連絡先(久喜図書館)まで事前にお申し込みください。

8 利用の申し込み・問い合わせ先

埼玉県立久喜図書館 障害者サービス担当
電話番号:0480‐21‐2729(直通) ファクス番号:0480‐21‐9918
郵便番号:346‐8506 埼玉県久喜市下早見85-5
メールアドレス:lib-shogai●pref.saitama.lg.jp(●を@に差し替えてください)

熊谷図書館の対面朗読、CDの郵送貸出、ご来館による利用は以下が窓口です。
埼玉県立熊谷図書館視聴覚資料・図書館振興担当
電話番号:048-523-6291
郵便番号:360-0014 埼玉県熊谷市箱田5-6-1

9 利用時間

利用時間 午前9時~午後5
休館日 月曜日(祝日にあたる場合は翌日)
館内整理日(第4金曜日、祝日にあたる場合は前日)
春・秋の特別整理期間 年末年始