メニューにジャンプこのページの本文へジャンプ
埼玉県立図書館 あなたの調べるを応援します

ホームこどもページ> 小学校1,2年生むけ 令和4年度紹介

小学校1,2年生むけ 令和4年度紹介

れいわ4ねん夏(なつ)紹介(しょうかい)

カイマンのクロ 人とくらしたワニ

マリア・エウヘニア・マンリケ/文 ラモン・パリス/絵 福音館書店 2022

ある町のちかくにあるひろい川には、わにのなかまのカイマンがたくさんすんでいました。

あるときファオロは、みなしごのあかちゃんカイマンをひきとり、いえにつれてかえります。この子は「クロ」と名づけられ、すくすくと大きくなりました。クロはいつもファオロといっしょです。でもある日、おわかれの日がやってきます。

これはむかし、ベネズエラというくにでほんとうにあった、心あたたまるおはなしです。

へんしん すがたをかえるイモムシ

桃山鈴子/作 井上大成/解説・監修 福音館書店 2022

はるのあるひ なのはなの はっぱのうらに ちいさなたまごをみつけたよ。

たまごのいろが かわったとおもったら イモムシがうまれた!

イモムシはどんどん どんどん大きくなって くきにのぼると...さなぎになった!

ほら みてごらん。どんなチョウがでてくるのかな?

ロサリンドの庭

エルサ・ベスコフ/作 菱木晃子/訳 植垣歩子/絵 あすなろ書房 2021

ロサリンドの庭

びょうきがちなエリックはベッドの上で一日をすごしています。たいくつでつまらないまいにち。

ある日、かべの中からロサリンドという女の子が、やってきました。ロサリンドがかべがみの花に水をやると、へやがにわのようになりました。それからというもの、ふたりであそび、楽しくすごしました。

しかし、おわかれが近づき、ロサリンドはあるひみつのばしょを教えてくれます。ふたりはまた会うことができるのでしょうか?