メニューにジャンプこのページの本文へジャンプ
埼玉県立図書館 あなたの調べるを応援します

ホームこどもページ> 小学校5,6年生むけ 令和3年度紹介

小学校5,6年生むけ 令和3年度紹介

令和3年夏紹介(しょうかい)

セント・キルダの子

ベス・ウォーターズ/文・絵 原田 勝/訳 岩波書店 2020年
セント・キルダの子

スコットランドの小さな群島、セント・キルダ諸島(しょとう)は、どこからも遠くはなれているので「世界のはての島々」とよばれます。

1930年にそれまで住んでいた人々がイギリス本土へうつり、現在は無人島となっています。

厳(きび)しい自然にかこまれ、車も店もなく、電気も通っていなかった島で、住民たちは独自(どくじ)の文化をきづいていました。

セント・キルダでくらした最後の人たちの島での生活と、島の自然を伝えます。

囚われのアマル

アイシャ・サイード/作 相良 倫子/訳 さ・え・ら書房 2020年

アマルは、バングラデシュに住む、本が大好きな女の子。

いそがしい両親にかわり、妹たちのめんどうをみていました。

けれども、ある日を境(さかい)に彼女(かのじょ)の人生は一変します。

使用人として連れてこられた屋敷(やしき)では、非情(ひじょう)な現実(げんじつ)をつきつけられます。

だれもが自由に生きることをあきらめてしまう中、アマルだけはちがいました。

これは一人の少女が、自由をとりもどすための物語。

ネバームーア モリガン・クロウの挑戦

ジェシカ・タウンゼント/著 田辺 千幸/訳 早川書房 2019年

ネバームーア モリガン・クロウの挑戦

最悪の運勢(うんせい)の日〈闇宵時〉(やみよいどき)に生まれたモリガン・クロウ。

"呪われた子供"と呼ばれ、あらゆる不幸を自分のせいにされてきた。

しかし謎(なぞ)の青年ジュピターに助け出され、魔法都市ネバームーアにやってくる。

そこで〈輝かしき結社〉(ワンダラス・ソサエティ)と呼ばれる団体の入会試験を受けることになったモリガン。

大勢の子供たちと競争する試験への挑戦(ちょうせん)が始まる!