メニューにジャンプこのページの本文へジャンプ
埼玉県立図書館 あなたの調べるを応援します

ホーム> 図書館ブログ

図書館ブログ

2022年6月17日

資料展「鎌倉幕府黎明期の動乱~頼朝と義時の歩んだ道~」開催中!

チラシ画像.jpg

こんにちは。

熊谷図書館の人文・社会科学資料担当です。

現在、熊谷図書館2階ロビーでは資料展「鎌倉幕府黎明期の動乱~頼朝と義時の歩んだ道~」を開催中です。

2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を観て、ドラマの舞台である平安末期から鎌倉前期の歴史や、北条義時をはじめとした歴史上の人物たちに興味を持たれた方も多いのではないでしょうか。

この資料展では源平合戦から鎌倉幕府成立、承久の乱までの鎌倉幕府黎明期の歴史が分かる資料や、源頼朝と北条義時を中心に、彼らをとりまく人々について知ることのできる資料を集めました。

時代の流れに沿いながら、大きく3つのテーマに分けて資料を展示しています。

1 源頼朝と鎌倉幕府

(1)源頼朝

(2)鎌倉幕府の成立

源頼朝の生涯と、彼が鎌倉幕府を築き武家社会が確立していくまでの歴史を追っていきます。

「源頼朝と鎌倉幕府」展示ケース写真.jpg

2 鎌倉殿をとりまく人々~頼朝の挙兵から源平合戦の終結まで~

(1)源氏一族

(2)東国の武士たち

源頼朝のとりまく人々のうち、源平合戦が終結し鎌倉幕府が成立するまで、彼を支え、時に対立した源氏一族と東国の武士たちについて分かる資料を集めました。

「鎌倉殿をとりまく人々:源氏一族」展示ケース写真.jpg

特に深谷市畠山出身といわれる畠山重忠をはじめとした、埼玉にゆかりのある人物も多い武蔵武士の資料が充実しています。

「鎌倉殿をとりまく人々:東国の武士たち」展示資料写真.jpg

また、比企氏ゆかりの地・比企地域など、県内の鎌倉殿ゆかりの地について解説されたパンフレット類を東松山市役所政策財務課政策推進課様、埼玉県産業労働部観光課様よりご提供いただきました!館内で配布しておりますので、ご自由にお取りください♪(無くなり次第終了です)

パンフレット類写真.JPG

3 頼朝の死去から承久の乱まで

(1)御家人の争いと鎌倉将軍

(2)争いの覇者、北条氏

(3)後鳥羽上皇と承久の乱

頼朝の死去から幕府の政権をかけて御家人たちの争いが激化します。13人の合議衆をはじめとした御家人たちと鎌倉将軍、争いの敗者たちの生涯はどのようなものだったのでしょうか。

「頼朝の死去から承久の乱まで」展示ケース1写真:.JPG

さらに、御家人同士の争いに勝利した北条氏と、その後の承久の乱について分かる資料をあつめました。

「頼朝の死去から承久の乱まで」展示ケース2写真.jpg

動乱の時代と、その時代を生き抜いた人物たちの生涯に、資料を通して触れてみませんか。

展示している資料は展示期間中でも貸出できますので(一部を除く)、ご希望の資料がございましたら職員にお声がけください。

資料展「鎌倉幕府黎明期の動乱~頼朝と義時の歩んだ道~」

期間:令和4年5月28日(土)~7月31日(日)

場所:埼玉県立熊谷図書館 2階ロビー

みなさまのご来館をお待ちしています!

2022年6月16日

除菌した布絵本をお届けします!

文字を読むのが苦手な子どもにも、絵本を楽しんでほしい。

楽しく遊びながら、手先の訓練もしたい。

子ども一人でも読める絵本があったらいいな。

そんなお悩みをお持ちの先生方、「布絵本」を使ってみませんか。

布絵本は、フェルトなどの布で作られた手作りの絵本です。

やさしい手触りはあたたかみがあり、あざやかな色使いで目にも楽しいだけでなく、ひもやファスナー、ボタンなどを使って""を動かしたり、取り外したりすることができるのが特徴です。

指先を使った作業などを通し、遊びながら創造力・観察力・動作能力が培われるので、さまざまな障害のある子どもたちに喜ばれています。

障害のある子どもたちに、読書の楽しみを伝えるため、県立久喜図書館では、特別支援学校(学級)や障害児(者)福祉施設に、布絵本の団体貸出を行っています。

(個人の方への貸出は行っておりません)

nunoehon_1.jpgのサムネイル画像

さて、この素敵な布絵本ですが、布絵本は返却ごとにオゾンで消毒しています。

今年度、布絵本の消毒用BOXを新調いたしました!

こちらです。

jokinbako1.JPG

大きい!これはたくさん入りそうです。

紫外線照射後、オゾンで除菌してくれます。

jokinbako2.JPG

箱の中に布絵本を、広げて、広げて。可愛いおばけがこっちを見ていますね。

ふたを閉めて、スイッチオン!

jokinbako3.JPG

100分後、除菌完了!

心なしか、おばけもすっきりした顔をしています。

毎回パーツが揃っているかを確認し、キレイに除菌してからお送りするので、安心して利用してくださいね。

布絵本の貸出は無料で、貸出期間は3ヶ月です。

県内全域をカバーする図書館協力車によって、お近くの市町村立図書館までお届けいたします。

詳しくは、「手作り布絵本貸出案内・布絵本リスト」のページをご覧ください。

https://www.lib.pref.saitama.jp/guidance/spnd/nunoehon-annai.html



おまけ

よいしょ

omake1.JPG



ぼくには ちいさかったみたい

omake2.JPG

2022年5月27日

こんな本あります!―久喜図書館の書棚から―

こんにちは。久喜図書館です。
このコーナーでは、所蔵する図書を図書館職員がご紹介します。

書評コーナー画像

さて、今月は...

■No.1■
『歴史に気候を読む』(吉野正敏 著 学生社 2006)

<所蔵館:久喜図書館 請求記号:451.8/レキ>

「歴史に気候を読む」の画像

歴史を変えてきたのは、いったい何だろうか。偉人か英雄か。それとも戦争や革命か。もちろんそれらは間違いないが、気候もまた歴史を変える大きな要因となる。

本書では、気候の変化が歴史にどのような影響を与えたのか、孫子の兵法や北欧のヴァイキング、日本では川中島の合戦など、古今東西16の事例を挙げ紹介している。

当時の自然環境を想像してみるのも、歴史の新しい楽しみ方かもしれない。

(紹介者: 小林)

■No.2■
『語感トレーニング』(中村明 著 岩波書店 2011)

<所蔵館:久喜図書館 請求記号:810/コカ>

「語感トレーニング」画像

昨今、文字だけのやり取りが多くなった。表情や声色で微妙なニュアンスが伝えられないからこそ、伝え手も受け手も言葉のセンスと感受性が問われる。本書は、55個の問題を通じて学びながら、日本語における似て非なる言葉の意味やニュアンスの微妙な違いなど、思いを正しく授受するための「語感」を研ぎ澄ますための本である。例えば、「快調」「順調」「好調」一番調子がいいのはどれ?メール、SNSが当たり前の今、必読の1冊。

(紹介者:東)

■No.3■
『暮らしのなかの左右学』(小沢康甫 著 東京堂出版 2009)

<所蔵館:久喜図書館 請求記号:404/クラ>

暮しのなかの左右学

朝顔は右巻き、スイカズラは左巻き。植物の蔓の巻き方は遺伝的に決まっているという。エスカレーターの立ち位置は地域により左右が異なり、衣服の襟の重ね方は時代で変遷している。

本書は様々なジャンルの「左右」について、豊富な資料に基づいて考察している。自然現象から文化まで、「左右」が決まるのに多くの理由があって興味深い。身の回りの「左右」について、誰かに話したくなる一冊。

(紹介者:大島)

それでは、次回もお楽しみに。

2022年5月19日

満員御礼!おおきなおはなし会―子ども読書の日記念イベント―

こんにちは。久喜図書館の子ども読書推進担当です。

新緑がまぶしい季節になりましたね。

埼玉県立久喜図書館では、4月23日(土)に、「おおきなおはなし会」を開催しました。

「子ども読書の日」を記念して行われる、1年に1度の特別なイベントです。

昨年に引き続き、今年度も新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、子ども図書室前の広場で35名の定員を設けての開催となりました。

当日は、定員いっぱいのお申し込みを頂き、気持ちの良い天候の中、無事に開催することができました!

1.jpg

今回のおおきなおはなし会は「おはなしのじかん」と「おんがくのじかん」の2部構成。

まずは、ボランティアグループ「トムの会」による、「おはなしのじかん」です。

指につけた小鳥の人形が次々と消える、ちょっとふしぎな手遊びや、まどみちおの詩「チューリップがひらくとき」を朗読しながらおこなうパネルシアターに子どもたちも興味深々!

2.jpg

紙芝居ではみんなで声をあわせて・・・よいしょ!よいしょ!

3.jpg

さらに大型絵本の読み聞かせもあり、盛りだくさんなプログラムでした。

4.jpg

さて、お次は「おんがくのじかん」。音楽デュオ「たまごさんど」の登場です。

オカリナとギターの音色が、木漏れ日いっぱいの広場に響き渡りました。

5.jpg

プログラムは「さんぽ」や「となりのトトロ」「アンダー・ザ・シー」など、みんなが知っている曲がたくさん。「パプリカ」では、踊りだす子も!

6.jpg

オカリナとギターのさわやかな音色と、木々を揺らす風が印象的な、野外ライブとなりました!

「トムの会」さん、「たまごさんど」さんのおかげで、楽しい時間を過ごしてもらうことができました。

「トムの会」さん、「たまごさんど」さん、そして参加してくださった皆様、ありがとうございました!

ちなみに・・・

翌週の土曜日、おおきなおはなし会に来てくれた女の子が、お父さん、お母さんと一緒に通常のおはなし会に遊びに来てくれました!

おはなし会も、家族仲良く参加してくれて、図書館を好きになってくれそうな予感が!

こんなふうに、図書館に遊びにきてくれる子どもたちが増えたら、いいなあ・・・。

2022年5月13日

こどもしつのおともだちをしょうかいします

こんにちは!

熊谷図書館 視聴覚資料・図書館振興担当です。

今回は子ども室でみなさまを待っている仲間たちをご紹介します。



\ようこそ熊谷図書館子ども室へ!/

集合.jpg

知っているキャラクターはいたでしょうか??

ということで、ここでクイズです!

写真にうつっているぬいぐるみのお名前は何でしょう??

ぜひ、家族と、またはお友達といっしょに考えてみてください。







さぁ、わかったかな??

それでは正解と一緒に、登場する絵本もご紹介していきます。

気になる絵本があったら、お電話や子ども室で、お気軽に職員にお声がけください。


正解は・・・・

ピーターラビット.jpg

ピーター

・『ピーターラビットの庭しごと』(福音館書店)

・『ピーターラビットのてがみの本』(福音館書店)ほか

パディントン.jpg

パディントン

・『パディントンのかいもの』(偕成社)

・『パディントンえきにあらわれる』(ほるぷ出版)ほか

かいじゅうたちのいるところ.jpg

マックス

・『かいじゅうたちのいるところ』(冨山房)

おだんごぱん.jpg

おだんごぱん

・『おだんごぱん』(福音館書店)

ぐりとぐら.jpg

ぐり、ぐら

・『ぐりとぐらのうたうた12つき』(福音館書店)

・『ぐりとぐらとくるりくら』(福音館書店)ほか

アンパンマン.jpg

アンパンマン

・『アンパンマンとくろいとり』(フレーベル社)

・『アンパンマンとぴいちくもり』(フレーベル社)ほか


最後はみんな大好きアンパンマンでした!

ちなみに、おだんごぱんと、ぐりとぐらは、

なんと、むかーし職員が手作りしたものだそうです。

いくつ分かったでしょうか??


そして最後にご紹介するのは、

昨年度、新たに仲間になった、こぐまちゃんです!!

こぐまちゃん.jpg

・『ひらいたひらいた』(こぐま社)

・『はじめてのこぐまちゃん じどうしゃ』(こぐま社)ほか


これから仲良くしてくださいね!

ほかにもこども室ではたくさんの仲間がみなさまをお待ちしております。

もちろん、おはなし会の日にだけ現れる、あの子も...

うさこちゃん.jpgおはなし会.jpg

おはなし会は毎月第2・3・4土曜日、午後2時から3時までです。


熊谷図書館子ども室は、子どももおとなも大歓迎!!

ぜひぜひみなさまで遊びに来てください。