メニューにジャンプこのページの本文へジャンプ
埼玉県立図書館 あなたの調べるを応援します

ホーム> 図書館ブログ

図書館ブログ

2021年9月16日

こんな本あります!―久喜図書館の書棚から―

こんにちは。久喜図書館です。
このコーナーでは、図書館職員が所蔵する図書をご紹介します。

さて、今月は...

■No.1■
『生きものの持ち方』(松橋利光/著 大和書房 2015)
<所蔵館:久喜図書館 請求記号:480/イキ>
2021.9_1.png

夏休みの自由研究などで、昆虫や動物の観察をテーマにした方は多いのではないだろうか。しかし、観察対象の生物を捕まえ、おさえておくのは案外難しい。そこで役に立つのが本書である。ペットショップオーナー、獣医師など生き物を扱うプロが、様々な生き物の正しい持ち方を教えてくれる。
昆虫好きな子どもやペットがいる方はもちろん、持ち方のコツを通してその特性・生態が学べるため、普段生き物と触れ合わない方にも楽しめる一冊である。

(紹介者:自然科学・技術資料担当 久保田)

■No.2■
『賢い患者』(山口育子/著 岩波書店 2018)
<所蔵館:久喜図書館 請求記号:490.145/カシ>

2021.9_2.png

"いのち"は誰のもの?"いのち"は自分のもの。だから、治療を人まかせにしないで良い医療を利用したい。
著者は、「COML(コムル)(ささえあい医療人権センターCOML)」の活動や自らの壮絶ながん体験をとおして訴えかける。
医療従事者とのコミュニケーションの取り方や病院評価のチェックポイントは興味深い。2025年には超高齢化社会に突入する日本。これからの医療について考えるきっかけとなる一冊である。

(紹介者:情報・地域協力担当 前野)

■No.3■
『GOOD DESIGN AWARD 2019』(日本法人デザイン振興会/編 日本法人デザイン振興会 2020)
<所蔵館:久喜図書館 請求記号:D501.83/クツ>
2021.9_3.png

GOOD DESIGN AWARDという事業をご存じだろうか。毎年、各分野から優れたデザインを選び、広く伝えることで、社会へ貢献しようとする事業である。
2019年度は、「結核迅速診断キット」がグッドデザイン大賞に輝いた。
本書は、重く、分厚く、初見では手に取って見ようとは思わないかもしれない。しかし、この本を読めば様々な分野で日々デザインが創造され、活用されていることが分かる。
一度、目を通すだけでもいい。掲載されている優れたデザイン商品から、日本の未来を想像してみるのはいかがだろうか。

(紹介者:バリアフリー読書推進担当 T.K)

それでは、次回もお楽しみに。

2021年9月13日

久喜図書館CD鑑賞会「阿久悠」を開催しました!

こんにちは。久喜図書館の芸術・文学資料担当です。

827日(金)は定例の映画会をお休みし、事前予約制のCD鑑賞会「阿久悠」を開催しました。

CD鑑賞会は、昨年に続き2回目となります。今回のテーマは、「阿久悠」

令和3年度CD鑑賞会「阿久悠」のチラシ

今回はレコード大賞受賞曲、同じメロディで詞を変えた曲、故・小林亜星とのタッグ曲、生前未発表だった詞の4つの観点から、2曲ずつ計8曲を上演しました。

それぞれの曲が収録されている資料名をクリックやタッチしていただくと、資料詳細画面に遷移します。資料詳細画面から予約かごに入れることもできますので、参加できなかった方も是非借りてお聞きください。

~レコード大賞受賞曲を聴く~

1 勝手にしやがれ/沢田研二

作曲:大野克夫

(「阿久悠を歌った100人:勝手にしやがれ,男性ポップス編」(資料番号:710234808)より)

2 UFO/ピンク・レディー

作曲:都倉俊一

(「ピンク・レディー」(資料番号:710065657)より)

~同じメロディで詞を変えた曲を聴く~

3 また逢う日まで/尾崎紀世彦

作曲:筒美京平

(「阿久悠を歌った100人:勝手にしやがれ,男性ポップス編」(資料番号:710234808)より)

4 ひとりの悲しみ/ズー・ニー・ヴー

作曲:筒美京平

(「筒美京平自選作品集 City Pops」(資料番号:710123019)より)

~故・小林亜星とのタッグ曲を聴く~

5 北の宿から/都はるみ

作曲:小林亜星

(「阿久悠を歌った100人:ざんげの値打ちもない,女性歌謡曲編」(資料番号:710234568)より)

6 地平を駈ける獅子を見た/松崎しげる

作曲:小林亜星

(「阿久悠を歌った100人:勝手にしやがれ,男性ポップス編」(資料番号:710234808)より)

~生前未発表だった詞を聴く~

7 目を見て語れ 恋人たちよ/高橋真梨子

作曲:宇崎竜童

(「ドラマティックベスト」(資料番号:710083858)より)

8 風の会話/ささきいさお

作曲:鈴木キサブロー

(「MOMENT」(資料番号:710079914)より)

ほとんどの曲は1970年代の作品ですが、生前未発表だった詞は2008年以降にリリースされました。ですので、1970年代に歌番組やレコード大賞のテレビ放送を実際に見てきたような方にとっても、初めて触れる詞があったかもしれません。

CD鑑賞会「阿久悠」当日の様子CD鑑賞会「阿久悠」当日の様子 その2

また、CD鑑賞会にあわせ、2階公開図書室ではミニ展示「阿久悠」を開催しました。CDだけでなく、一般図書、児童書、雑誌も所蔵しているからこその展示に仕上げました。阿久悠の著書、作品の研究書などあらゆる角度から阿久悠の作品に迫ることができるようになっています。

ミニ展示「阿久悠」のパネル表示.jpgミニ展示の様子

視聴覚資料は熊谷図書館が収集・整理業務を一括して行っていますが、久喜図書館としてCD鑑賞会をやるのであれば、何ができるかという点を踏まえて、文学及び芸術にまたがる分野で図書や雑誌資料も所蔵している「阿久悠」をテーマに選定いたしました。図書館が、図書だけでも視聴覚資料だけでもなく、様々な種別の資料を残してきたからこそ、CD鑑賞会及びミニ展示では、2021年の今でも「阿久悠」について知りたいと思ったときに知ることができる環境がここにあるという体験をしていただきたいと思い、企画しました。

企画した本人は残念ながら、「阿久悠」の作品がレコード大賞を受賞した時代を生きてきたわけではありません。それでも、研究書である『作詞家 阿久悠の軌跡』(資料詳細画面に移動します)からレコード大賞の受賞歴を知ったり、自身の著書である『A面B面(資料詳細画面に移動します)』から「また逢う日まで」が生まれるまでの詞の変遷を学んだりしました。

今回の鑑賞会やミニ展示、そしてこのブログ記事をご覧になったことをきっかけに、より「阿久悠」について知りたいと思ったときに、久喜図書館へ足をお運びください。当館では様々な資料をご用意しております。ぜひ図書館を上手に利活用してみてください。

2021年8月24日

Zoomでの対面朗読

こんにちは!

バリアフリー読書推進担当です。

毎日暑い日が続きますね。何となく憂鬱になりがちですが、思い切って新しい事を始めてみるのもいいかもしれません。


さて、バリアフリー読書推進担当では、遠隔コミュニケーションアプリZoomを使った対面朗読を始めました。

Zoom対面朗読.jpg

対面朗読は、活字による読書が難しい方を対象に、「図書館で当館の音訳者がご希望の資料を直接朗読するサービス」です。

これまでは図書館に来館していただかないと利用できませんでしたが、この度、来館する事なくご利用いただけるようになりました。

ご自宅と図書館をZoomで繋いで、対面朗読を受けていただけます。

読みたい本が点字図書やデイジー図書になっていなくて、困っていませんか?資料が読めないために、学校のレポートが書けず困っていませんか?

そんな方は、当館の対面朗読を利用されてはいかがでしょうか。

対面朗読は、開館日の9時から17時の間で、希望する時間帯で予約できます。

ただし、3時間までのご利用となります。

ご利用になりたい日の3日前までにバリアフリー読書推進担当

TEL:0480-21-2729(直通)まで、お気軽にご連絡ください。

皆様のご利用、お待ちしております。

2021年7月17日

ミニ展示「獅子・狛犬」のご紹介

熊谷図書館2階閲覧室では、令和3年7月25日(日)までミニ展示「獅子・狛犬」を開催しています!

皆さんは「狛犬」と聞いてどんなものか思い浮かべることはできますか?
狛犬は動物のイヌ科の仲間ではなく、実在しない想像上の生き物です。
主に社寺の入り口や本殿の両脇に二頭一対で配置され、神仏を守る役割を担っています。

箱田神社

熊谷図書館付近の箱田神社でも見つけることができました。

箱田神社の狛犬(吽) 箱田神社の狛犬(阿)

日本の暮らしの中で目にする機会も多い狛犬ですが、彼らは一体いつどこで生まれたのでしょうか。
今回のミニ展示では、そんな狛犬の秘密に迫るための資料を集めました!

ミニ展示「獅子・狛犬」展示風景1 ミニ展示「獅子・狛犬」展示風景2

狛犬のルーツを知る

175.5/コマ『狛犬誕生』(塩見一仁著 澪標 2014)
175.5/コマ『狛犬事典』(上杉千郷著 戎光祥出版 2001)
175.5/コ『狛犬学事始』(ねずてつや著 ナカニシヤ出版 1994)

狛犬のルーツは古代オリエントのライオンにまで遡るとされています。
力強く美しいライオンの姿は、古代エジプトや西アジアでは王の権威を示すシンボルでした。
やがて仏教が誕生すると、ライオンは仏を守る獣としての役割も担うようになります。
こうした文化がシルクロードを通じて中国に伝わり、元々あった思想と融合し霊獣としての「獅子」が生まれます。
この獅子が仏教と共に日本へ渡来して今日の狛犬の原型になりました。

狛犬を見る

750.87/シシ『獅子と狛犬』(MIHO MUSEUM編 青幻舎 2014)
714/ザ『The狛犬!コレクション』(三遊亭円丈著 立風書房 1995)
S175/サイ『埼玉の狛犬』(埼玉の狛犬製作委員会編 さわらび舎 2020)

平安時代の室礼や調度を記した『類聚雑要抄』には「左獅子 於色黄 口開」「右胡摩犬 於色白 不開口在角」という記述が見られます。
獅子の来日をきっかけに生まれた狛犬ですが、こうして異なる霊獣をセットで配置するようになったのは平安時代からと考えられてます。
しかし二頭の違いの認識は時代が下るにつれて薄れていき、最近では獅子の姿をした狛犬も多く見られます。
また石像のイメージが強い狛犬ですが、古くは木彫りや陶製の狛犬も造られていました。

神社を知る

521.81/ニホ『日本100の神社』(日本交通公社出版事業局 1988)
S175/カン『関東の美しい神社』(戸部民夫著 エクスナレッジ 2019)

狛犬を神社の構成要素の一つとして捉え、全体から眺めてみることも魅力を探る手段の一つです。
テーマに関連する資料として、日本に無数に存在する神社の中から代表的なものが紹介された資料も展示しています。

神使を知る

387/セ『石仏十二支・神獣・神使』(森山隆平著 弘生書林 1983)
163.1/トウ『動物信仰事典』(芦田正次郎著 北辰堂 1999)

神道の世界では、神の意向を人々に伝える役目をもった動物を「神使」と呼びます。
全国的には稲荷神社の狐が、埼玉県内では三峰神社(秩父市)の狼や調神社(さいたま市浦和区)の兎などが神使として有名です。
こうした神社では以下の写真のように、狛犬に代わってそれぞれの神使を模した像が置かれていることもあります。

三峰神社の狼像 調神社の兎像

狛犬とシーサー

D/383.9/オ『沖縄の屋根獅子』(大塚清吾写真・文 葦書房 1984)
「特集「沖縄の石獅子」」(『民芸 2019年3月』 日本民芸協会 2019.3)

沖縄のシーサー(獅子)は狛犬と同様、古代オリエントのライオンにルーツをもつ霊獣です。
ところが沖縄の街並みを見てもわかるように、シーサーは狛犬とは異なる独自の発展を遂げてきました。
狛犬とシーサーどのような違いがあるのか、ぜひ資料を使って比べてみてください。

シルクロードを知る

292/コ『狛犬のきた道』(鈴木英著 本阿弥書店 1990)
220/シル『シルクロードを知る事典』(長澤和俊編 東京堂出版 2002)

古代オリエントのライオンが獅子として日本に伝わるまでには長い道のりがありました。
資料を通じて、狛犬の祖先が渡り歩いてきたシルクロードの歴史や文化にも触れてみてはいかがでしょうか。

以上、ミニ展示「獅子・狛犬」のご紹介でした。
ここに挙げた資料は展示資料の一部です。
完全版の資料リストは「ナラベル」(外部サイトへ移動)で公開していますのでぜひご活用ください!

2021年7月 9日

こんな本あります!―久喜図書館の書棚から―

こんにちは。久喜図書館です。
このコーナーでは、図書館職員が所蔵する図書をご紹介します。

さて、今月は...

■No.1■
『孤独なバッタが群れるとき』(前野ウルド浩太郎/著 東海大学出版会 2012)
<所蔵館:久喜図書館 請求記号:486.45/コト>
「孤独なバッタが群れるとき」表紙画像

「自分もバッタに食べられたい」から始まるこの本は、研究書である。副題に「サバクトビバッタの相変異と大発生」とあるように、サバクトビバッタについて書かれている。だが、ただの研究書ではない。独特なセンスが光る文章で、彼の研究人生も書かれている。これが実に面白い。彼は幼いころから虫を愛し、図書館で『ファーブル昆虫記』に出会い、昆虫学者を目指すが、現代ではとても厳しい道のりだ。しかし、彼は突き進む。いつかバッタに食べられる夢を見て。

(紹介者:芸術・文学資料担当 小林)

■No.2■
『名画を見る眼』(高階秀爾/著 岩波書店 1986)
<所蔵館:久喜図書館 請求記号:723/タ>

「名画を見る眼」表紙画像

西洋美術研究の大家が読み解く、15人の画家と15点の絵画。西洋美術理解のために避けては通れない、それぞれの絵画の裏にある歴史的背景や約束事の数々を、著者は鮮やかな語り口で解き明かしていく。1枚の絵画にこめられた意味、西欧の精神とは― 。 西洋美術に興味がある人、ただ絵をみるだけでなく少し学術的に「入門」したい人に最適な、「西洋美術の教科書」。この本を読まずして、美術好きを語るなかれ。

(紹介者 吉田 奈緒子)

■No.3■
『狐のだんぶくろ わたしの少年時代』(澁澤龍彦/著 潮出版社 1983)
<所蔵館:久喜図書館 請求記号:914.6/シ>
「狐のだんぶくろ」表紙画像

澁澤龍彦は、大河ドラマで話題の渋沢栄一の縁戚にあたり、翻訳家、博覧強記の評論家、小説家として活躍した。本書は主に昭和初期、著者少年時代の回想録である。当時の都内滝野川周辺の風景や生活の様子が淡々と描かれ、肩肘張らずに読み通すことができる。また、「最初の記憶」には、4歳まで過ごした川越の様子も記されている。さて、タイトルの「狐のだんぶくろ」とは何か。興味のある方は一読をお勧めする。

(紹介者 蓮見 博)

それでは、次回もお楽しみに。