メニューにジャンプこのページの本文へジャンプ
埼玉県立図書館 あなたの調べるを応援します

ホーム図書館ブログ> 展示

展示

2023年12月23日

資料展「日本の特撮」開催しています(県立久喜図書館)

県立久喜図書館では資料展「日本の特撮」を展示しています。

特撮は特殊効果を使った映像作品のことを指します。日本では「特撮」というジャンルも指すようになり、独自の文化を発展させてきました。特に1950年代から1970年代に様々な魅力的なキャラクターが生み出され、今日でも人気を誇っています。そんな特撮をテーマにした資料展を当館の本や雑誌を使って、開催しています。このブログでは展示の内容を紹介します。

*一部資料は貸出ができません。館内でお楽しみください。

資料展リスト.pdf (PDF:277.3 KB)

1.特撮作品を知る

特撮の歴史や会社、それぞれの作品について書かれた本などを紹介しています。図鑑や絵本も展示しており、見て楽しむことができます。またVD(ビデオディスク)も展示しており、館内で視聴できます。

1.特撮を知る

1.特撮を知る

2.特撮に関わる人を知る

特撮に関わった監督、美術スタッフの本や雑誌を紹介しています。どのような気持ちで映像を作ったのか、どんな苦労があったのかを知ることができます。

2.特撮に関わる人を知る

3.特撮を支える音楽を知る

映像を盛り上げる音楽のCDや作曲者の資料を紹介しています。主題歌だけでなく、効果音だけを扱ったCDもあります。

3.特撮を支える音楽を知る

----------------

資料展「日本の特撮」

期間:令和5127(木曜日)~令和6年2月4日(日曜日)

場所:埼玉県立久喜図書館 2階展示コーナー

----------------

2023年10月31日

資料展「遊んで埼玉 図書館×ボードゲーム with かるた」開催中!

asondesaitama.png

こんにちは!

埼玉県立熊谷図書館 地域・行政資料担当です。


突然ですが、皆さんはゲームが好きですか?

最近は様々なゲームが発売され、話題になっていますね。

しかし、今熱いのはデジタルゲームだけではありません。

新型コロナウイルスの流行によって人との交流が減ったことで、みんなで集まって卓を囲む「ボードゲーム」にも注目が集まっているのです。

図書館でもボードゲームを用いたイベントが話題となっています。

ボードゲームを貸出したり、実際に図書館で遊んだり......。



そして、埼玉県立図書館でも今年12月に開催される「図書館と県民のつどい埼玉2023」でボードゲームを遊ぶスペースを開設することになりました!

これに合わせ、熊谷図書館では資料展「遊んで埼玉 図書館×ボードゲームwithかるた」を開催しています。この展示ではイベント当日に遊ぶことのできるボードゲームと、それらに関連する埼玉資料を紹介しています。



1 図書館とゲーム

そもそも、図書館でゲームをしていいの?

図書館って静かにしないといけない場所なのでは......。


そう思ったあなた!


図書館は読書や研究をする施設というのはもちろんですが、同時に人々が集まる拠点でもあります。

そこで、図書館で沢山の人が楽しく交流し、コミュニケーションを取るためのツールとして、ゲームが注目されているのです。

このコーナーでは図書館とゲームを関連付けた取り組みや、ゲームに関する図書館資料を展示しています。

01_toshokan-game.jpg



2 埼玉とボードゲーム

最近ではボードゲームは図書館以外でも、様々な場面で注目されています。例えば、郷土の偉人の紹介や子どもの生活習慣の啓発のために、かるたやすごろくなどのボードゲームが作られています。

特に渋沢栄一は来年から発行される一万円札の顔になることもあり、話題沸騰中! 関連のボードゲームがいくつも制作されています。

02_saitama-boardgame.jpg




3 図書館で"さいたマップ"

今回の展示における目玉の1つが『みんなのさいたマップ』です!

このゲームは埼玉資料として図書館に所蔵されている資料です。こちらは埼玉ボードゲームサークル「ヴェルヘル」様協力の元、ボードゲームの実物と埼玉の名産・名所を紹介する資料を展示しています。

03_saitamap.jpg




4 郷土とかるた

埼玉県立図書館にはたくさんの郷土かるたが所蔵されています。

郷土かるたはいろはかるたの一種で、その地の名産・名所や偉人などを詠んだものです。埼玉県立図書館ウェブサイトの蔵書検索を〈タイトル:かるた & 対象資料:埼玉資料〉で検索すると、152件の資料がヒットします。もちろんかるたそのものではない資料も入っていますが、その数の多さは感じてもらえるかと思います。

残念ながら全てのかるたは展示できなかったので、比較的新しいカルタを中心に展示しています。

04_kyodokaruta.jpg




5 本とゲームで辿る渋沢栄一の人生

「埼玉とボードゲーム」でも紹介したとおり、最近は至るところで渋沢栄一が注目されています。その中で制作されたのが『渋沢栄一人生ゲーム』! タカラトミーが発売したあの大人気ゲーム「人生ゲーム」で、渋沢の生涯を辿れるゲームです。

今回は埼玉県観光課から実際のゲームをお借りして、渋沢栄一関連資料と併せて展示しています。

05_jinsei-game.jpg



いかがでしたか?

本展示は、ゲームを通じて楽しく地域資料に触れることができる展示となっています。

埼玉資料は使ったことがないけれど、ゲームは好きというあなた! 是非、熊谷図書館でボードゲームと埼玉資料を見てみてください。

ご来場をお待ちしております!



資料展「遊んで埼玉 図書館×ボードゲーム with かるた」

開催日時:令和5923(土曜日)~令和51126(日曜日) ※図書館休館日を除く
開催場所:埼玉県立熊谷図書館 2階ロビー

詳しくは埼玉県立図書館ウェブサイトを御覧ください。

※展示資料は貸出できません。館内でご利用ください。

2023年10月20日

資料展「埼玉さあ行こう!~埼玉の観光地と観光ビジネス~」は終わったけれど、埼玉観光は終わらない!

みなさんはこの夏、観光をしましたか? 観光をするには、ガイドブックやパンフレットを見てどこに行くかを検討しますよね。実は図書館にも観光プランを立てるのに役立つガイドブックなどがたくさんあります。
またホテル業や旅行業などの観光ビジネスには多くの人が携わっており、インバウンドやワーケーション、グランピングが近年注目を集めています。

県立熊谷図書館では、埼玉の観光地や観光ビジネスに関する資料展「埼玉さあ行こう!~埼玉の観光地と観光ビジネス~」を令和5年8月1日(火曜日)~令和5年9月21日(木曜日)にかけて開催しました。埼玉の観光地や観光ビジネスに関する資料を展示して展示を見た人に観光してもらい、図書館も県内観光産業の発展に貢献したいという思いから企画した資料展です。このブログでは、どのような展示だったのかをテーマごとに写真も交えて紹介していきます。

資料展ポスター画像

1 埼玉の観光地

「さあ行こう!」となったら、みなさんはガイドブックやインターネットを使って事前に観光地の情報を集めることが多いと思います。図書館で所蔵しているフリーペーパーにも観光地に関する情報が掲載されています。フリーペーパーはデザインや写真の撮り方を工夫しているものが多く、見ているだけでわくわくしてきます。フリーペーパーだけでなく、埼玉の観光地を舞台にした漫画『埼玉の女子高生ってどう思いますか?』やボードゲーム「みんなのさいたマップ」も展示しました。

資料写真1

2 埼玉の観光地と食

観光に行ったら、その土地にあるおいしい食べ物を食べたくなるもの。埼玉にも地域に根差したおいしい食べ物がたくさんあります。埼玉といえばうどん! こうのす川幅うどんや熊谷うどんが有名ですよね。他にも東松山の焼き鳥や北本のカレーを紹介したグルメガイドもあります。表紙を見るだけで食べたくなってきませんか?

資料写真2

3 観光ビジネスとは

観光ビジネスとはどのようなものなのかや業界動向が分かる図書、コロナ禍を総括する特集が掲載された雑誌などを展示しました。新型コロナウイルスの感染拡大による宿泊業・旅行業への影響やこれからの観光業について知ることができる資料も揃っています。

資料写真3

4 観光ビジネスとまちづくり

コンテンツツーリズムや聖地巡礼、観光地域づくり法人(DMO)をキーワードに展示しました。埼玉県は「クレヨンしんちゃん」の春日部市、「心が叫びたがってるんだ。」の秩父市、「らき☆すた」の久喜市などの聖地巡礼スポットがあります。聖地巡礼も観光ビジネスのひとつなのです。

資料写真4

5 新たな観光ビジネス

ここでは、新たな観光ビジネスとしてワーケーションやグランピング、ウェルネスツーリズムについて書かれた資料を展示しました。まだ耳慣れない用語もあるかもしれません。そんなときは是非、展示した資料を読んでみてください。

展示ケース写真2

県観光課から借りたポスター

埼玉県で観光に関する展示をするなら、あの方のポスターを展示したい! ということで県観光課からポスターを借りました。それがこちら。埼玉バーチャル観光大使春日部つくしさんのポスターです。ポスターは川越の時の鐘をバックにしたものとイロドリ埼玉の2種類。どちらも旅情をかき立てますね。このポスターを見るために図書館に足を運んでくれた方もいたのではないでしょうか。

春日部つくしさんのポスター

ここまで、展示の内容を紹介してきました。「埼玉さあ行こう!~埼玉の観光地と観光ビジネス~」展示資料リスト(PDF:1.5 MB)には、展示資料のほかに関連するウェブサイトのリンクも掲載しています。こちらも併せて御覧ください。
季節は夏から秋へと移り変わっています。私は9月に嵐山町で1泊2日のキャンプをして日本酒とキャンプ飯を堪能しました。資料展は終わっても、観光シーズンは終わりません。このブログを読んでくれているみなさんも、最高の埼玉観光を楽しんでください。

2023年7月13日

資料展「古墳人の装い―美しき装身具―」開催中!

こんにちは。
熊谷図書館の人文・社会科学資料担当です。

現在、熊谷図書館2階ロビーでは資料展「古墳人の装い―美しき装身具―」を開催中です。

先日行われました、歴史と民俗の博物館共催講座
「出張講座 あなたの街にも『れきみん埼玉』」の関連展示として
「古墳時代」と「装身具」をテーマに資料を集めました。

展示は

・古墳時代の装身具
・古墳時代と埼玉県
・装身具から見る人物埴輪
・古墳時代の玉類

の4つのテーマに分かれており、また、中央には玉作りに関するパネルも展示しています。
以下に、簡単にではありますが、資料展の概要を御紹介させていただきます。

1 古墳時代の装身具

古墳時代の装身具.jpg

古墳時代には様々な装身具がつくられていました。

翡翠(ひすい)・碧玉(へきぎょく)・ガラス玉をもちいた各種玉類が中心だった前期から、
金属製のものが見られ始めた中~後期まで、
古墳時代の装身具を見て、楽しむことができる資料を中心に集めています。

2 古墳時代と埼玉県

古墳時代の埼玉県.jpg

埼玉県には古墳がたくさんあるのを御存知でしょうか。

こちらのコーナーでは埼玉古墳群をはじめとした
県内の古墳やその出土品を紹介した資料を展示しています。

3 装身具から見る人物埴輪

埴輪から見る装身具.jpg

人の形を模した人物埴輪には、よく見るとアクセサリーをつけているものがあります。
埴輪たちから当時の人々の姿を想像することができそうですね。

4 古墳時代の玉類

古代の玉類といえば真っ先に思い浮かぶのは、まが玉でしょうか。
まが玉は埼玉県の県章にもなっていますよね。

その素材は碧玉(へきぎょく)製・瑪瑙(めのう)製・水晶製など、様々なものが見つかっています。


展示している資料は展示期間中でも貸出できます (一部を除く) ので、
ご希望の資料がございましたら職員にお声がけください。

展示期間は730日(日)までです。
まだご覧になっていない方も、既にご覧いただいた方も、みなさまの御来館をお待ちしています!


資料展「古墳人の装い―美しき装身具―」

期間:527()730()※休館日を除く

場所:埼玉県立熊谷図書館 2階ロビー

2023年3月23日

資料展「彩り よりどりみどり」開催中!

yoridorimidori.PNG

こんにちは。

熊谷図書館の地域・行政資料担当です。

現在、熊谷図書館2階ロビーでは資料展「彩り よりどりみどり」を開催中です。

本展示のテーマは「埼玉の緑」。

埼玉は都市部でも緑地や公園が多く、郊外には田園風景が広がります。自然が豊かで暮し心地が良いためか、埼玉県に「緑」のイメージをもつ人も少なくありません。

緑とくらし

yoridorimidori02.jpg

この展示ケースには、私たちのくらしを支える農林業や、生活を彩る園芸業に関する資料を並べています。

埼玉の農産物として、産出額の大きいホウレンソウやブロッコリー、名産でもある狭山茶や深谷ねぎを取り上げました。

展示のなかではご紹介できませんでしたが、当館では、県内で採れた農産物を活かすレシピ集なども所蔵しています。

resipi.jpg

これで一層美味しく食べられますね!

緑の風景

yoridorimidori03.jpgのサムネイル画像

埼玉県の風景を楽しめる資料を集めた展示ケースです。

「緑」と銘打ちながらも、見開きで置いている資料には青色で山が描かれています。

同じものを見たとしても、感じることは人それぞれ。いろいろな「緑の景色」の色彩を楽しめたら素敵だと思いませんか?

このほかにも、ここで展示している資料には埼玉の風景を切り取った絵や写真などが掲載されています。展示スペースの都合上、すべてをお見せすることはできませんでしたが、ぜひお手に取ってご覧いただきたいものばかりです。

閲覧希望の資料がございましたら、館内でご利用いただくことができますので職員にお申し付けください(貸出はできません)。展示資料の貸出について

自然の中の緑

海や火山のない埼玉県ですが、多様な生物を見ることができます。

yoridorimidori04.jpg

この展示ケースでは、埼玉県で見られる貴重な動植物や埼玉県内の天然記念物に関する資料を紹介しています。

緑に親しむ

yoridorimidori05.jpg

埼玉県内の緑を堪能できるスポットに関する資料を集めたコーナーです。「日本の公園の父」と称される、埼玉県出身の偉人・本多静六の資料も併せて展示しています。

春めいてきたので、外に出て季節を感じたい!という方も多いのではないでしょうか。

当館では展示資料以外にもウォーキングマップやガイドブックなどを所蔵しています。熊谷図書館3階 埼玉資料室に観光ガイドなどのコーナーがありますので、ご興味のある方はぜひ足を運んでみてください!

資料展「彩り よりどりみどり」

期間:令和5年3月7日(火)~5月25日(木)

場所:埼玉県立熊谷図書館 2階ロビー

みなさまのご来館をお待ちしています!

※本展示の資料はすべて館内利用(貸出不可)です。館内で複写サービスをご利用いただけます。同一資料が県立久喜図書館または外部書庫にある場合は、取り寄せのうえ貸出ができます。お気軽にカウンターまでお尋ねください。